キャッシングローンミニ知識 > 融資のミニ知識



消費者金融による融資の注意点


消費者金融で融資を受ける際には必ず注意しておきたい点がいくつかあります。

店頭にJCFA(日本消費者金融協会)会員である表示物があるか、貸金業の貸金業者登録票が掲示されているか必ずチェックしましょう。

借入金額、期間、利率、返済方法等をしっかり契約書の内容を十分に確かめてから契約書に署名するようにしましょう。

少しでも不明点があれば、消費者金融の融資担当者に納得いく迄説明を受けるようにしましょう。

年金受給者証、クレジットカード、白紙の委任状や使用目的が分からない書類等を絶対他人に預けてはいけません。

それ以外にも自身を守る対策として借入時には契約書の写しをもらい、返済時には領収書を必ず受取り大切に保管することが大事です。

融資の解約時に覚えていないといけないことは、契約書原本を必ず消費者金融会社から返還してもらうようにすることです。

消費者金融から融資を受ける際に一番大切な事は、無理の無い返済計画を立てることです。

コンビニの提携ATMや、時間外や日曜祝日のATM、CDでもいっさい手数料はかからないので、便利で気軽に利用できるようになったのが今の消費者金融融資です。

とはいえ融資を申し込む際には注意を怠らないようにしましょう。

大変便利な消費者金融の融資は、実際にお金がいる場合には重宝するものです。

上手に活用して、軽い気持ちでコンビニの様に消費者金融を利用するようなことはないようにしたいものです。

投稿者 銭ゲバ

ブラックでも融資可能か


もしあなたのブラック情報が個人信用情報機関に流れた場合は、絶対にどんな融資もしてもらえないのでしょうか。

実は、そうでもない事もあるようです。

調べてみると、たくさんインターネットでもブラック情報ありでも融資可能な金融機関の情報があります。

その人にブラック情報があった場合でも、融資を行うことのできる金融機関が何故あるのでしょうか。

始めに、ブラックリストとブラック情報は同じものではないのです。

このブラックリストというものは、融資をしてはいけない人たちの情報ではありません。

融資をしても返済をしない危険性のある情報がある人ということになります。

一万円を、貯金が山ほどある見ず知らずの人に、貸してくれと言われて、簡単に貸せる人はいないのではないでしょうか。

反対に、たとえ借金がたくさんあるとしても、長い間良い形で付き合いってきた知人から一万円貸して欲しいといわれたら、貸してしまう人も案外いるでしょう。

たとえブラック情報が載っていたとしても融資をするかしないかの判断は、最終的には融資を申し込まれた金融機関が判断することになります。

しかし、ブラック情報がある人に融資をしようとする金融機関には、返済してくれなくなるリスクがあります。

ブラック情報が載っている人に融資をする金融機関がどんな機関なのか、しっかりと情報収集することをおすすめします。

投稿者 銭ゲバ

ブラック情報がある場合の融資


審査に通らなくては、どんな融資でも融資を受けることは不可能です。

融資をする金融機関では、融資を受けようする人が融資申し込みにあたり提出した情報に偽りがないかなどを調べます。

それから融資を受けようとする人のデーターの照会を、融資の申し込みを受けた金融機関が個人信用情報機関を利用して照会します。

そのときに、金融機関は融資の申し込みを断ることがあります。

融資申し込み者にブラック情報があったときです。

それが融資審査にブラック情報があったために通らなかったというものなのです。

融資の審査にブラック情報だけが通らない理由になるわけではもちろんありません。

収入に見合わない額の融資申し込みも、支払い能力が無いとみなさることで審査が通らないこともあるのです。

きちんとした返済能力のある人に対してのみ、金融機関は融資をするのが常識です。

融資の審査は、今までの返済に滞りがあった、または返済できずに終わってしまったことがあるということの証明であるブラック情報がある人には通らないことがあります。

貸したお金を返さない人のブラックリストに、ブラック情報があるということは載っているということだと理解できるのではないでしょうか。

貸したお金を返さないブラック情報のある人にお金を貸すことはできません。

それは、個人でのお金の貸し借りでも金融機関でも同じです。

投稿者 銭ゲバ

融資におけるブラックとは


良く耳にする融資におけるブラックとは、ブラック情報のことをいいます。

いったいこれが何を指すのか、これだけではわかりません。

まず金融機関が資金を融通することを融資呼びます。

今金融機関からは住宅ローン、マイカーローン、教育ローン、カードローンなど、いろいろな種類のローンが商品化されていま。

そして全てのこのようなローンのことを融資と言います。

このような金融商品であるいろいろなローンを申し込んで融資を受けたとします。

すると個人信用情報機関のデーターベースに、融資に関して取り交わされた契約で記された情報が収められることになるのです。

それだけではなく、その契約したローンがどのように支払われているかという情報までも、個人信用情報機関のデーターベースに残されていきます。

ローンに対しての返済に延滞があったり、破産処理をされてしまったりなど、ローンがきちんと返済されないようなことがあるかもしれません。

その情報も個人信用情報機関のデーターベースに記録されます。

ローンがきちんと返済されなかった情報のことをブラック情報と言います。

個人信用情報機関でブラック情報がある人だけを集めたブラックリストがあるわけではありません。

たとえば、ある人が住宅ローンを組もうとしたと時に、マイカーローンをすでに組んでいた場合、個人信用情報機関に次にローンを申し込んだ金融機関が照会を求めることがよくあります。

その際ブラック情報があった場合に、ブラック情報のある人という形で現れてくるわけです。

投稿者 銭ゲバ 

日本政策金融公庫の無担保融資


日本の政策金融機関である日本政策金融公庫は、銀行や消費者金融との他に、無担保での融資が可能な機関といえます。

日本政策金融公庫とは全額政府出資の政府系金融機関で、銀行などの一般的な金融機関からの融資が困難な小規模企業でも、融資の可能性が高いところです。

教育ローンに関わる金融商品も扱っており、教育資金を必要としている時の利用も可能です。

ただし、融資に使われる資金は国の税金なので、貸し倒れリスクが高いと判断されると融資は認められません。

そのような背景もあり、日本政策金融公庫は審査基準が高目で、融資までかなり待つ必要があります。

日本政策金融公庫で受けられる無担保融資には新創業融資制度があります。

これから事業を始める人や、事業開始後にまだ税務申告を2期終えていない人や会社を対象に、保証人不要で無担保の融資をする制度です。

申請者本人も連帯保証人にならずに済む無保証人制度と、無担保制度が新創業融資制度の注目点です。

新創業融資制度の限度額は1,000万円までで、利用条件を満たした上で、日本政策金融公庫からの審査を受けなければなりません。

新規開業ローンの新規開業資金という担保と保証人が必要な融資もあり、こちらも日本政策金融公庫からのものです。

こちらの融資額は最大7,200万円と、新創業融資制度と比較するまでもない大口融資で、担保や保証人の重要性が推してはかれます。

日本政策金融公庫に確認することで、無担保で保証人を必要としない融資のための条件等をチェックすることができるでしょう。

投稿者 北川 弘美

無担保融資とは


金融商品の中には、担保がなくても使える無担保融資があります。

銀行など金融機関でお金を借りるときは、担保の提供を求められることがあります。

ローンを組む時などに、返済義務が履行されなかった時に備えて債務者から債権者に出しておくものです。

お金を返しきれなくなった時、担保を使って弁済を行います。

万が一、お金を返すことができなくなってしまった場合は、借りた側の財産を競売にかけて換価し、貸した側はその中から優先的返してもらえるという約束をしておきます。

担保とは、こういったケースで取り決められた財産です。

高額融資を必要としているキャッシングローンほど審査も厳しく、担保にもそれ相応のものが求めれます。

土地や家屋が多いですが、絵や貴金属なども担保として使うことができます。

無担保融資とは、そういった担保がなくても可能な融資のことになります。

消費者金融の取り扱うキャッシングローンは、たいていの場合無担保融資です。

一般的なキャッシングサービスの利用限度額が低いのは、無担保での融資だからです。

だからキャッシングのような小口融資でなければ無担保で融資をすることは難しいのが現状です。

もし仮に、無担保融資でかつ利用限度額の高額のキャッシングローンが存在した場合、利用については慎重になるべきです。

簡単に考えても無担保でありながら高額な融資ができるのには、金利が高い等のデメリットもあるので、しっかりと比較検討することをおすすめします。

投稿者 益若 つばさ

確実な融資を受ける為に必要なこと


確実な融資を受ける為に必要なことは、実行可能な返済計画を立てることと、自分に合った金融機関を選ぶことです。

借りたお金を確実に完済するため、今の収入と支出をきちんと算出してください。

月収はいくらか、またボーナスで返済可能なのか、そして何年で返済終了に至るのか確認しましょう。

基礎的なことではありますが、案外、急ぎでキャッシング融資の手続きを取っている時は忘れがちですので気をつけてください。

お金を借りた時点で、確実に返済を果たすための見通しができていなければ、後々困ったことになりかねません。

金融機関についても調べるようにします。

個人融資の金融商品がある会社にも色々あり、銀行やサラ金と呼ばれるところまでそれぞれ条件も違います。

金融機関といっても色々ありますから、確実に審査に通れる会社や審査が厳しい会社、利息が低いところや高いところ、利用限度額など、各社毎にある特色を把握して借入先を選ぶことで、借り入れも返済も確実に行えます。

確実に融資をしてくれそうな金融機関の場合、利息や延滞金が高額になることもあります。

どのような条件での融資なのか、お金を借りる前に念入りにチェックする必要があるでしょう。

消費者センターやキャッシングに関わる無料法律相談コーナーなどで相談してみるのもいい方法かもしれません。

金銭が関与するような問題では、考え方が凝り固まってしまうことがあります。

急いている時ほど腰を据えてじっくり考えることが大事です。

後々で返済に困るようなことがないよう、確実な返済プランを立ててから融資を受けてください。

確実な融資を受ける前に


確実な融資という言葉をインターネットで検索すると、様々な金融機関がヒットします。

各金融会社は、顧客獲得のために色々な売り文句で自社の金融商品を競って飾っています。

呼び水のように美味しい話が並べてあるのです。

そもそも本来ならば、確実な融資に必要なのは、見通しのある返済計画のはずです。

借り入れを済ませてしまえば後はなんとかなる、と考える人もいます。

けれど、そういった姿勢では、融資は受けることができたとしても、確実に返済に困って新たな借金を作ってしまいそうです。

キャッシング会社の売り文句である確実な返済という言葉は、軽い気持ちでお金を借りて返せなくなってしまうきっかけかもしれません。

消費者法が見直されたことで、近年は一時期ほどの違法な督促や高金利融資は難しくなってはきています。

しかし、現状ではまだまだ問題が多いのも事実です。

どのような金融商品かを事前にチェックせずに融資を受けたり、家族や友人を頼らざるをえなくなってしまったり、返済ができなくなったり。

自分1人ではどうにもならないような苦悩を抱えることになるかもしれません。

大事なことは、それが本当に必要な融資なのか、借金をする以外に何か方法はないのかよく考えてみることです。

消費者金融会社から融資を受ける際は、確実さにこだわる前にまず自分の環境を考えましょう。

事業資金の融資を受ける為に確認しておく事


前もって確認しておくべき事が事業資金の融資を受ける為には存在します。

事業資金を融資してもらうには、自分の会社の借り入れ能力を確認しておく必要があります。

返済可能範囲を理解することが出来なければ、金融機関からの信用は得られません。

提出する事業計画や返済予定表などの書類において重視されるのは、事業資金の融資を実行してもリスクが無いのかどうか、しっかりとした裏付けが取れているか、企業経営に信頼性はあるのかという点なのです。

今後の事業計画のリスク度合いを確認する為に、有利子負債対キャッシュフロー倍率というものを使うようです。

借入金と手形割引残高ならびに社債を足した数字で、キャッシュフロー、つまり税引後利益と減価償却費を足した年間返済可能額を割ります。

中小企業の場合ですと、有利子負債対キャッシュフロー倍率の値が15〜20倍以内が安全圏となるといわれています。

このごろの金融機関は、このキャッシュフロー倍率を重く見るところが多いようです。

事業資金の融資を申し入れる際には、自社の返済能力を確認して、計画性のある借り入れを行うようにします。

事業資金の融資審査の目安として借入依存度が用いられるケースもあるようです。

借入依存度は、総資本に対する借入金の比率ですので、借入金と割引手形を足したものから、総資本、つまり自己資本と他人資本の累計を足した額を割った数字となります。

借り入れ既存度50%が、融資実行の可否を分ける分岐点となっているのが、事業資金の融資審査ですのでこれをあらかじめ確認してくことが重要です。

事業資金の融資の申し込みのタイミング


計画中の事業資金の融資を受ける為には、絶対条件として申し込みを早めにするということがあげられます。

もし事業資金の融資をお金が必要になるぎりぎりの申し込みだと、審査が通らなかった時に事業資金を用意する手が無くなってしまいますので危険です。

可能性として、すぐに事業資金が必要なんだと焦りを見抜かれてしまうことによって、金融機関に優位となるような条件で融資契約を終結されてしまうということがいえます。

具体的な事業資金の融資の申し込みのタイミングは、複数の金融機関に事業資金が必要な時期の数ヶ月ほど前から融資を申し込むというものです。

事業資金の融資を受ける選択肢はたくさんあるほうが良いものです。

融資の申し込みは、余裕を持って行うことを心掛けることがポイントではないでしょうか。

次期の業績に悪化がもしも予想されるようであれば、融資の申し込みの準備をより一層早めにするということが必要です。

少なくとも3ヶ月前には、事業資金の融資を申し込むようにしましょう。

事業資金の融資申し込みを、期末近くまで先延ばしにしてしまうと、今期の決算後に再検討ということになり返事を先送りにされてしまう恐れもあるのです。

このように決算書が出来るまで、申し込みの審査結果がわからないと身動きが取れなくなります。

すると経営すら危うくなってしまうこともあり得るのです。

金融機関側からの格付け更新に要する期間も踏まえて、出来るならば決算をむかえる前に、余裕を持って事業資金の融資申し込みを済ませてしまうのが賢明です。

きちんと事業資金の融資を受けるには、申し込みのタイミングが非常に大切なのです。

事業資金の融資を受ける前に


事業資金の融資を受けたいと思っている人が、金融機関から確実に融資を受けるためには、準備をしっかりとしなければならないでしょう。

事業資金の融資を受けられる可能性は、融資を受けた事業資金の返済計画の実現性が低ければ下がってしまいますので、気をつけなければなりません。

事業資金の返済計画のほかにも融資までに揃えておかなければならない書類もたくさんあります。

これから行う事業資金の融資審査のための書類づくりをきちんとしなければ、確実な融資などしてもらえないに違いありません。

自分自身でもある程度の知識は持っていたほうが良いものです。

専門家にすべて任せきりにするのは良くないかもしれません。

事業資金の融資審査のための書類は、数え上げればきりがありません。

決算書に始まり、借入申込書や試算表、ならびに借入残高表や資金繰り表など多種にわたります。

このような数ある融資の審査書類の中には、もちろん返済計画表もはいっています。

そのような確実性の高い融資の為の下調べは、事業資金を集めようとなさっている方は抜かりないとは思いますが、もしも余裕の無い事業資金の融資申請を実行しようとしているのであれば、もう一度よく返済計画を考え直す必要があるかもしれません。

あまり良い方法ではないのは、急な借り入れです。

金融機関にとっても大きなリスクとなりますので、確実な融資を受けるのは難しいでしょう。

銀行と直接やり取りをする方法以外にも、事業資金の融資には保証協会付きや、国民生活金融公庫、あるいは政府系金融機関などの様々な種類があるようです。

どの事業資金の融資にも、審査のために提出しなければならない書類は大体同じです。

重要なのは、事業資金の調達のために審査に出す書類をきっちり用意することだといえるのではないでしょうか。

無利息融資の種類について


低所得者世帯や障害者世帯、または高齢者世帯の生活を経済的に支えるのが、生活福祉資金貸付と呼ばれる無利息融資です。

その在宅福祉及び社会参加の促進を図り、経済的自立を目的とした融資になります。

無利息の生活福祉資金貸付制度の融資もありますが、原則的に利息がつくもののようです。

無利息で融資を受けることができるのは、低所得世帯に対する修学資金です。

療養・介護等資金も、低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯に対するものの場合、無利息で融資を受けることができるでしょう。

各市区町村、福祉事務所などが、これらの融資相談窓口です。

また交通遺児等貸付というものがあります。

これは自動車事故によって死亡した場合、または重度の後遺障害が残ってしまった場合、その子どもの健全な育成を図るための育成資金のことです。

この場合義務教育が終了する月までの無利息融資になります。

この交通遺児等貸付は、貸付期間終了後、半年から1年を経過した後からの返還となります。

ですが高校、大学等に進学した場合は、卒業するまでの返還を待ってもらえます。

融資相談窓口は、交通遺児等貸付の場合、独立行政法人自動車事故対策機構都道府県支所というところです。

新たに農業を始めようとする人に対し貸し付けされる就農支援資金とは、技術の習得、就農の準備、施設の開設など、就農を支援するためのもので、無利息融資になります。

営農計画が知事の認定を受けた認定就農者が、この無利息融資を受けられます。

各県の全国就農センターが、就農支援資金の融資相談窓口ということです。

母子家庭及び寡婦への無利息融資


無利息融資の中に、母子家庭及び寡婦を対象にした融資があります。

女子が配偶者を持っておらず、20歳未満の子どものいる家庭を指して母子家庭といっています。

さらに配偶者のない女子で、今まで配偶者のない女子として20未満の子どもを扶養していたことのある人を寡婦と呼びます。

無利息融資として、地方公共団体ごとで母子及び寡婦に対して融資されます。

これは安定した生活と子どもの健全な育成をはかるために貸し付けをするものです。

それには母子福祉資金及び寡婦福祉資金貸付があります。

この母子福祉資金及び寡婦福祉資金貸付で受けられる融資は、13種類もあります。

無利息で融資を受けられるものがほとんどです。

けれど中には、無利息で融資を受けられないものもありますので気をつけましょう。

事業開始資金、事業継続資金、就学資金、就学支度資金、技能習得資金、修業資金、就職支度資金、医療介護資金、特定児童扶養資金の9種類が、無利息で融資を受けられるものです。

生活資金、住宅資金、転宅資金、結婚資金の4種類は、無利息ではありませんが低金利で受けられる融資です。

ただし、生活資金に関しては、技能習得期間中であったり、医療介護資金を受けている間の生活費であったり、母子家庭になって7年までの者に対して補給する費用の場合、月の融資額に制限があるようです。

無利息融資であっても違約金が徴収される場合があります。

それは償還期限が守れず滞納があった場合です。

地方公共団体によって、無利息融資の条件は異なる場合が多いので事前に融資条件等を調べることをおすすめします。

無利息融資の2つの方法


大きく分けて2つ、無利息で融資を受けられる方法があるといいます。

1つは金融機関からの無利息融資で、もう1つは地方公共団体などからの無利息融資です。

キャッシングというのは、金融機関などが個人に向けに小額のお金を貸し出すことをいいます。

キャッシングと呼ばれるものは本来、金融機関側が利息を得ることを一番に考えてできた商品です。

キャッシングサービスの中に、無利息でお金を貸し出す、無利息キャッシングがあり最近人気のようです。

ほとんどが消費者金融で取り扱われているのが、無利息キャッシングで、無利息でキャッシングができるのは新規申し込み時に限りとされていることが多いようです。

無利息融資のキャッシングサービスは、消費者金融が新規顧客を獲得するための商品になっていることが考えられます。

無利息融資地方公共団体などから受ける場合についですが、耳にしたことがある無利息融資から、あまり耳にしたことのない無利息融資も存在します。

地方公共団体などから受けられる無利息融資のひとつ奨学金というのがあります。

この奨学金とは、経済的理由により就学困難な場合、一定の金額で受けられる融資のことで、誰しも一度は耳にしたことがある人が多いのではないかと思われます。

奨学金は地方公共団体や法人などから受けられる、無利息融資なのです。

奨学金には2つの種類があります。

無利息で融資を受けられる奨学金と、利息のかかる奨学金です。

この場合一般の金融機関の融資よりは金利は低くなっているのが特色でしょう。

中小企業融資の注意点


銀行は、一旦は融資を認めた会社に対しても、もしもその会社の業績が低迷し赤字を出すようになると、貸し倒れリスクがアップしたものとして金利を上げたいと言ってきます。

可能な限り急いで対応策を練り、事業計画の立て直しを再検討することで、悪化した業績を元に戻す姿勢を示す必要が出てきます。

常に財政内容には気を遣い、融資先としての正常性を維持するよう心がけます。

中小企業は早い段階で、自社の規模に見合った金融機関を選ぶ事も必要です。

その時は銀行自体の経営内容もチェックしましょう。

融資を受けていた銀行が経営破綻に陥ってしまった時、その銀行がそれまで行っていた業務は別銀行が継ぎますが、完全に以前と同じとは限りません。

これ以上の融資を続けてもらえなくなる、という危険性も孕んでいるのです。

また中小企業がメガバンクをメイン取引先にすると、いきなり貸し剥がしを受けるリスクが高くなります。

そうならないよう、信用リスクの低い会社を維持して要注意先、破綻懸念先と見なされないように心がけます。

営業資産を一部譲渡したり、資本金を増やしたりなどによって、財務会計の形を変えることで、資産残高より負債残高が多い状況を改善します。

利益体質の回復や維持、債務超過や実質債務超過解消を可能にする説得力のある事業計画書を作成して、銀行に提出するだけでも格下げを阻止する強力なツールとなります。

銀行との交渉は上手に進めないと、中小企業は経営改善の為に不可欠な資金迄融資を渋られ、経営改善のチャンスを逃す恐れもあるので、細心の注意が必要です。

中小企業の融資事情と融資対策


中小の企業への融資対策とその結果は、どのような形になっているのでしょう。

国内経済が復活してきた状況で、銀行サイドは融資できる企業を求めているようです。

その場合、返済能力のある会社に融資を行い、融資業務でできるだけ確実に利益を出したいようです。

政府の方針として、銀行からの中小企業への融資をサポートするために、業務改善命令を融資を行わない銀行に出す可能性があるとしています。

現状では、銀行が融資をしたがるようなリスクの低い企業であると認められると、そこには融資申し入れが集まるという事態になっています。

その反面、経営に問題要素があると見なされる中小企業への融資先は見つからず、メインバンクにも離れていくという状況です。

しかし景気回復に伴う企業収益の改善に伴い、中小企業の動きも前向きに変わろうとしています。

雇用数も2002年度末頃からは回復基調にあり、これまで厳しい状況が続いていた就職市場も徐々によくなってきています。

融資を求めるような中小企業には、足りなくなった資金を補うための融資ではなく、雇用や設備拡大を目的としたポジティブな投資もあります。

銀行から融資を受けるためには、決算書の内容がしっかりしていることが大事だと言われています。

基本的に債務超過では無い状態で黒字を計上し続け、正常先と判断してもらえる様にしておく事が、銀行との融資交渉を有利に進めるのに重要となります。

そのため、中小企業がより有利な条件で銀行からの融資を受けるためには、しかるべき手段での会計処理が利益を出し続けているように調整することです。

中小企業と融資


中小の融資が思うように受けられないのは、どうしてでしょう。

100億円もの融資額がダウンしたという頃もあり、中小企業への融資は減るばかりです。

いくつかの理由が中小企業への融資を難しくしているのですが、集約すると2つです。

1つは、中小企業融資の費用対効果の低さが挙げられます。

融資にかかるコストというのは、実は100万円だろうが10億円であろうが、さほど変わりはありません。

融資金額に関係なく経費が一定ということはありませんが、融資が高額になるにつれて審査にお金がかかっても、融資額には比例するほどではありません。

ですから、銀行が融資業務によって効率的に益を出したいと考えるなら、色々な会社に少額融資をするより一社に高額融資をする方を好むはずです。

そういった意味では、地方の小規模な銀行ほど、少額の融資にはあまり手を出したくないものです。

ですが、より明確な理由もあります。

それは、経営規模の脆弱な企業にお金を貸すことは、貸し倒れのリスクがあるということです。

大きな会社と比べて、小さな会社の経営地盤は安定してはいませんので、資金繰りの面でもさほど先のことは見えていないという会社もあるくらいです。

中小企業の多くが赤字であったり、債務超過であったりする事も珍しくありません。

出資する銀行側からすれば、貸し倒れの危険性の高いところには貸付をしたくありません。

そのため、経営規模の小さい会社に融資を行う際には、銀行は担保や連帯保証人を求めたり、金利を高く設定したりします。
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!