キャッシングローンミニ知識 > 自己破産のミニ知識



消費者金融の悪質商法による融資


消費者金融の悪質商法による融資について。

消費者金融を利用した事のある人の中で、悪質商法による被害を受けた経験のある方も少なくないようです。

悪質な消費者金融業者が不当に利益をあげる事件の背景に、クレジットカードや消費者金融での多くの多重債務者が甚大な被害を受けています。

消費者金融の登録番号や名称を詐称した融資を勧誘する偽のダイレクトメールを送りつけ、問い合わせた一般消費者に対して保証金の名目で金銭を騙し取る悪質商法などがあります。

実際の手続きは何もしない悪質なものものなかには、融資の際に調査費という名目で、資料代調査費を請求するのにも関わらず、自己破産や裁判の方法の書類を送ってくるだけという悪質なものがあります。

法外な紹介手数料を請求する紹介屋と呼ばれる消費者金融業者も悪質商法の一種で、一般消費者に他社の融資を紹介して紹介手数料を騙しとる手口です。

嘘をついて、信用情報機関に登録されている情報を変更するおどしてくる消し屋というのもいます。

請求してくるのは手数料やコンピューター操作料などですが、登録情報のコンピューター操作は実際には全く不可能なことなのです。

カードで商品を買わせて、安く引き取る買取屋も最近増えている消費者金融の悪質商法です。

多重債務者に店でクレジットカード50万円分の商品を買わせた後、一時金として10万円だけを渡し、そのまま連絡が取れなくなってしまう悪質なやり方です。

このように消費者金融の悪質商法はいろいろと増えています。

このような詐欺まがいの行為にだまされないようにしましょう。

投稿者 銭ゲバ

破産者と住宅融資


住宅融資を受けたいた破産者は、どうなるのでしょう。

長年の夢として家を買うことを目標にしている人はかなりいるようですが、即金だけで住宅を買えるまでひたすらお金を貯め続けるという人はあまりいません。

貯蓄で全額の支払いができない時は、銀行などから住宅融資を受けて支払いにあてるという手続きを取ります。

金融機関から融資を受ける場合は、それがどんな融資でも審査があります。

金額の大小、住宅融資かショッピングローンに関わらず、審査でOKが出なければ融資は使えないのです。

破産者は、個人信用情報に破産者であることが記録に残っているため、住宅融資の審査段階で落とされ、住宅融資を受けることは出来ないでしょう。

個人信用情報機関にもよりますが、住宅用融資を受けたい場合は、破産者となってから10年は融資を受けられないと思ってよいでしょう。

1度でも返済できないほどの借金を作ったことがある人に対しては、銀行や金融機関は融資をして貸し倒れが起きる可能性を考えてしまうようです。

返済不能状態に陥ったことがある人に対して新規の融資をするのは危険な行為ですので、破産者へ融資をすることは回避したいと思うのです。

破産者となる前に購入した住宅も、破産者となってしまえば、手放さなくてはなりません。

破産者は、住宅だけでなく、最低限の財産以外のものを返済に回すことになります。

破産者となった時に融資返済中の家を持つ人も対応は同じです。

所有する住宅は競売にかけられた後、債権者に公平に分配されることになるのです。

破産者とクレジットカードの融資


破産者に融資をしてくれるクレジットカードはあるのでしょうか。

クレジットカードは現金を引き出すことができ、買い物をすることもできる便利なお金を借りる方法です。

クレジットカードがあればインターネットのプロバイダ接続料や携帯電話の支払いなど様々な支払いがカード決済可能なので、現代では多くのひとがカードを所有しています。

特に意識せずともカードを使っていて、ありがたみがわからなくなるほどです。

クレジットカードを使って支払ったものやクレジットカードから出したお金は、会社からの融資で得ているものです。

クレジットカードを使って買った商品は、全額払い終わるまでは形の上では融資元のカード会社のものになっています。

現金にしても品物にしても、クレジットカード会社から融資を受けていることになるのです。

裁判所から破産宣告を受けて財産を債務の支払いにあてた破産者は、借金の整理をした後もしばらくはクレジットカード融資は利用できません。

クレジットカードの新規発行も、破産者に対しては行われません。

破産したことは信用情報会社の記録に残りますので、隠すこともできません。

融資が認められない期間はクレジットカード会社ごとの基準によって変わりますが、おおむね7年ほどは無理だと思ってください。

クレジットカードなどの手軽な融資を受けられる金融サービスは、破産者になってしまったならば当分は使えないものと見なして行動する必要があるといえるでしょう。

あるいは、破産者にもお金を貸してくれるという会社と巡り会うかもしれませんが、そういった会社からの融資は危険が伴うことを覚えておきましょう。

破産者と融資


裁判所で、破産宣告を受けた人のことを破産者という呼び方をします。

キャッシング会社から融資を受けていた人は債務者となります。

銀行や金融会社に対して、今後返済しなければならない借入金がある人を債務者といいますが、債務とは、元々相手に対してしなければならないことがある状態のことです。

債務者はしなければならない義務があり、債権者は債務者に対してすべきことをするよう要求する権利があります。

キャッシング融資の場合は、返済の要求です。

ただし、キャッシング融資の利用のしすぎなどで、債務者が債権者の要求する額を返済しきれないという事態が生じることがあります。

そうなってしまったなら、裁判所に破産申し立てを行い、破産者になって借金を整理するという方法があります。

所持財産を金に変えて、可能な部分だけ返済します。

融資の債権者が裁判所に破産申し立てをすることもできますが、返済に行き詰まった債務者が裁判所に破産申し立てを行うことが自己破産です。

破産者になると債務を免除されますが、全ての財産を失うことになります。

破産者の宣告を受けることによって、法律的な面での制限が課せらせるようになります。

キャッシングの申し込みが手軽になり、融資を受ける頻度も増えてきているようです。

最近では意識せずに金融会社からの融資を受けていることもあります。

カード払いや分割払いは融資を利用している状態です。

いつの間にか月々の返済可能な額を超えた融資を受けていたということのないよう、クレジットカードやキャッシングを利用する時は今現在の融資金額を知った上で使いましょう。

自己破産とクレジットカードの融資


クレジットカードは、自己破産でどうなるのでしょうか。

多重債務にあって自己破産をする人は、複数の金融会社の融資を受け、一社ずつの融資金額は少なくとも総額が高額になっています。

ショッピングや高額商品のローン、月々の支払いができるクレジットカードを持っている人は多いでしょう。

しかし、クレジットカードを利用して引き出したお金は、クレジットカードを発行している会社から借りているお金であり、購入した品物は、その支払いが終わるまではクレジットカードを発行している会社の物なのです。

現金にしても品物にしても、クレジットカード会社から融資を受けていることになるのです。

ですが、クレジットカードの利用は、自己破産と共に不可能となります。

もしクレジットカード会社が回収命令を出した場合、カードで支払い中の物は取り上げられることがあるでしょう。

所有していた財産のほとんどを支払いあて、それでも自己破産時は返済不能分があるでしょうが、それは取り消されます。

しかし、自己破産したことは個人信用情報機関により記録に残るため、新たにクレジットカードを作るなど、融資を受けることは出来なくなります。

記録が残っている期間や期限は微妙に異なりますが、少なくとも7年間は融資のたぐいは使えないと思ってください。

何より、自己破産をしたことがあるのなら、クレジットカードなどの融資を受けるようなことは避けるべきではないでしょうか。

自己破産後にキャッシングが可能な会社があったとしても、そこは本当に信用のできる会社なのか、警戒してしかるべきです。

自己破産と住宅融資


住宅ローンは、自己破産は無関係ではありません。

マイホームの夢を持つ人は多く、ほとんどの人が、人生の大きな買い物として家を購入するようです。

夢のマイホームを手に入れるためにコツコツと貯金をしている人は多いと思いますが、住宅の購入代金を蓄えだけでまかなえた人は、そうはいないでしょう。

手持ちの資金だけで家が買えない時は、住宅ローンなどの融資を受け、その後少しずつローンを返済します。

金融機関から融資を受ける場合、融資額が多い住宅購入用融資から、融資額の少ないカードローンと呼ばれるような融資まで、全ての融資において審査が行われます。

これまで自己破産申請が認められたという前歴を持っている人は、審査でそのことが知られてしまいますので、ほぼ間違いなく審査で落とされるでしょう。

個人信用情報機関にもよりますが、住宅用融資を受けたい場合は、自己破産をしてから10年は融資を受けられないと思ってよいでしょう。

貸したお金を返さない人にお金を貸すことは、誰でも出来ることではないでしょう。

金融機関なども同じです。

確実に返済してくれるような客を求める金融会社にとって、過去に返済不能に陥ったことがあるという人は鬼門です。

もしも自己破産時に家を所有していた場合、返済にあてるため処分しなければなりません。

購入した家の返済がある程度進んでいても、途中で自己破産すれば処理されます。

公売処分された家は、財産整理の課程で貸した側に公平に分配されるのです。

自己破産と融資


お金の融資と自己破産のことを知っているでしょうか。

個人や法人が、金融機関から資金を融通してもらうことを融資といい、キャッシングも融資に含まれます。

高額融資を続けたり、利息が増えすぎたことなどが原因で返済不能に陥った時に借金の一部を無効にする手続きが自己破産です。

融資を受けたものの経済的に破綻状態となり返済不能に陥った時に裁判所に申し立てを認めてもらい、返済の一部を無効にしてもらうものです。

自己破産が認められた場合、債務者(融資を受けた側)がその時点で持っている財産の中に処分できる財産があるのならば、債権者(融資をした側)に公平に分配します。

この時点でまだ借金が残っていても、自己破産によって残りの借金は無効となり、もう借りたお金を返さずともよくなります。

破産の手続きを行って財産を整理した後に収入があった場合、返済に回す必要はありません。

自己破産は、多額の融資を受けたり多重債務状態に陥るなどで返済の方策がなくなってしまった人への救済です。

自己破産に伴う不利な条件も知っておきましょう。

最も大きな点は、自己破産した人にはもう融資をしてくれる会社がなくなるということです。

金融会社から借金をすることはできませんので、収入のみで何とか生活をしなければなりません。

自己破産の記録は10年間は残されています。

自己破産は新たな人生をスタートとできるように考えられた制度でありますが、財産的に考えて、マイナスではありませんがプラスでもありません。

新たな一歩を踏み出すための仕組みといえるでしょう。

破産宣告の前に特定調停をする


借金の返済対策として特定調停が平成12年に始まりました。
これは「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」という法律に基づいています。
この特定調停に関する法律が適用される条件は、債務者が支払い不能の状態に陥る恐れがあることです。
そして、それが金銭債務であることの二つです。
キャッシングを利用しすぎて支払不能に陥り、破産宣告をしてしまいそうな人がいます。
特定調停は、そのような時に返済条件の見直しなどが可能です。
申立てができるのは、あくまでも借金を抱えて破産宣告をするつもりでいる本人が原則です。
研修を受けた司法書士や弁護士なら、代理人に立てて申し立てを行ってもらうことは認められています。
破産宣告の前に特定調停をする方法は、例えば、利息制限法で年利は18%と決められているのに、それを上回る利息をとられていたとすると、過分に返済した利息は戻してもらうことができます。
この再計算で借金を減額してもらうことができ、過払いが認められれば元金に充当することも可能です。
金利の再計算をすることで利息額を大幅に軽減してもらうことができ、返済が楽になります。
これで返済が可能になるということもあるのです。
破産スレスレだった人でも「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」を用いることで返済が可能になり、多くの人が救済されました。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

キャッシングで破産手続きをしないために


借金が返済不能に陥り破産宣告を受ける人はなかなか減少しません。
破産した時でも、一定範囲の財産の所有は認められています。
お金を貸した人たちに対して全ての返済義務が放棄されるわけではなく、所有している財産範囲での返済は行われます。
破産をした人が、破産手続き後に手に入れた財産についても、場合によっては強制執行の対象となり、返済しなければならないこともあります。
ただし責任の一部を免れる制度もあり、真面目に取り組んでいる人のために適用されます。
破産後に免責が認められた債務者は、宣告を受ける前に発生した負債を返済せずともよくなります。
例外規定は存在し、罰金や税金は支払わなくてはなりません。
破産で使えなくなっていた資格も、免責によって制限がなくなります。
借金が膨らみ返済不能に陥っている人たちからすれば、破産免責手続きを取るという方法は現状から脱却する救済策です。
とはいえ、破産はどうにもならなくなった時の切り札的存在と考え、それまではできるだけのことをすべきです。
債務整理の方法としては、簡易裁判所の特定調停法制度なども存在します。
自己破産の前に取れる方策はいくつかありますので、よく吟味しましょう。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

カードローン地獄の実態


カードでショッピングすると、現金がなくてもそれと同じように使っているような錯覚に陥りがちですが、実はそれは借金で、最終的にはそれをお金で返さなければならないのです。
そして、カードローンで一時的にお金を借りても、それは、「借りたお金」であって、自分のフトコロに入るお金ではありません。
にもかかわらず、カードローンに手を出す人は増えています。
カードローンの返済でどんどん生活が苦しくなり、それでもなかなか返せずにいる人はなかなか減ることがなく、増える一方です。
そして、ついには返せずに、自ら命を絶つ人も少なくない状態で、気軽なカードローンという落とし穴にはまってしまうせいです。
現金を持ち歩くことなくショッピングもできるし、手続きもATMで簡単にできるというシステムがさらに利用する人を増やし、カードはますます増えていくわけでしょう。
また、カードを使えるお店が増えたことも理由の1つではないでしょうか。
昔は、現金でしか買えなかったものが、今ではカードで買えるという時代背景も、十分理由の1つでしょう。
海外旅行が増えて、カードを利用される機会も増えたということも考えられそうです。
お金がなくてもカードがあればなんとかなるという思いになりがちで、便利な分、利用している人はずいぶん多いのもうなずけることではあります。
しかし、現実には、使い過ぎている人が多く、カードローンに手を出してしまう人が増えているのです。
利用金額や返済期日というものを考えもせずに気軽に使ってしまい、どんどんローンを重ねていき、身動きで着ないローン地獄へと落ちてしまう人も多いのが現状です。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

破産しても保護されるものとは?


破産すると、日々の生活や経済行為をこれまで通りに送ることは難しくなります。
ですが、制限と同時に一定範囲内の保障もなされています。
破産した事実は戸籍や住民票に記載されないので、そのような書類から人に知られることはありません。
選挙権や被選挙権は失うことはなく保護されています。
破産宣告の事実は本籍地の市町村役場の破産者名簿には記載されますが、第三者がこの名簿を見ることはできません。
破産宣告に対する免責決定がなされれば、破産者名簿から抹消されます。
官報に公示される破産宣告の公示について、一般の人が官報で目にする危険性はありません。
破算の手続きによって、破産管財人は破産者が支払う全財産を金銭に変えて返済に宛てますが、一定範囲の財産は保有を守られています。
破算宣告を受けた後に得た財産は自由に使えるので、破産後の収入を返済に取られることはありません。
破産手続きを取ることで返済額が一定範囲に留まることは、破産者にとってはとても有利なことといえるでしょう。
一度だけ裁判所に出頭すれば、以後裁判所に行かなくても大丈夫です。
破産したからといって即座に全財産を失い、一切の未来を失うというわけではありません。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

破産宣告で課せられる制限


破産宣告を受けた人は、日々の生活に様々な面で影響が出ます。
個人が破産宣告を受けた場合、まず法律に関わる様々な資格に制限を受けることになります。
例えば、弁護士、公認会計士、遣言執行者、法人の理事、株式会社の取締役、監査役などにはなれなくなります。
破産に関して必要だとされることについて、破産宣告を受けた人は説明義務があります。
そして、破産宣告を受けた人が居住地を変えるには裁判所の許可を得なくてはなりません。
破産した人は郵便物に関しても制限があり、破産人宛の郵便物や電報は破産管財人に配達されます。
郵便物の内容を破産管財人がチェックすることもあります。
破産の事実は、信用情報会社にも登録されることになります。
以後数年の間は借り入れをしたり、クレジットカードを使用したりすることができなくなります。
破産宣告を受けた人は経済的な信用を失うので、法律的に不便な部分の他にも社会的信用が落ちることに伴う不利益も生じることでしょう。
破産宣告を受けたことにより、日常生活や社会的な取引の中でも思うようにいかないこともありえます。
やむをえないこととはいえ、破産宣告を受けことによって様々な面で束縛され、制限を受けることになります。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

破産宣告する前に


破算の要件を満たしてから行われる破産宣告とは何でしょう。
収入を超えたキャッシングローンの利用や、カードでの買い物をしすぎるなどの原因で破産する人が増えています。
支払わなければならない借金が、全財産の全てを上回り返済ができない場合に裁判所に手続きをとるものです。
破産宣告がなされると、破産した人の財産を金銭に変え、貸した人達で公平に分配することになります。
破産手続きには、債権者側か債務者側が裁判所に申し立てなければなりません。
破産宣告を受けるには、裁判所によって破算宣告すべきかの審理を通らなければなりません。
通常裁判所は、破産宣告を行うと同時に破産管財人を選任します。破産した人が金銭に変えて債権者に分配しなければならない財産を管理し、分配する仕事は破産管財人が一手に引き受けます。
債務者が自ら申し立てる破産のことを自己破産と呼んでいます。
債務者の財産が極端に少なくて、これを金銭に換えても破産手続の費用にも足りないような場合もあります。
その時は破産宣告と共に破産手続きが終わることになり、破産管財人はいません。
破産の同時廃止と呼ばれる方法です。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!