キャッシングローンミニ知識 > ローンのミニ知識



おまとめローンのメリット


何社かの金融会社から借り入れていたお金を整理するために、一つの金融会社でお金を借りて今までのお金を返し、返済先をその一社にするためのおまとめローンという商品があります。

主に2つの目的で、おまとめローンは利用されます。

これからどうやって返済していくかが認識しやすくなり、考えやすくなります。

借り入れ先が複数あると、個々の会社別に返済日と返済金額を認識しておく必要があります。

家計のやりくりもしづらくなり、返済日までにお金の準備をし損ねてしまう場合もあるでしょう。

おまとめローンにすることで、返済期日が1日に絞られるため、家計の管理を楽にすることできますし、それによって返済期日の見落としを無くすことにも繋がります。

ド忘れで返済日を逃してしまった場合でも、遅くなった分だけ延滞金が付与されます。

少しでも返済にあてる金額を減らしたいのなら、無為に利息が増えてしまうような事態は避けましょう。

借り入れ先をまとめる2つ目のよい点は何でしょう。

何より、月々のローンの返済額を少しでも減らすことにあります。

今借りている金融商品より金利が安いところでまとめましょう。

元金は以前より上がるかもしれませんが利息が減るため、返済の総額を落とせます。

借りたお金を無理なく返済できるよう、何社かから借りたお金を1つにまとめ、返済総額や月の返済額を減らします。

そうすることできちんと借りたお金を返せる状態にするのです。

住宅購入融資における審査


住宅購入融資における審査について。

家を買うという作業は一大事業です。

生涯のうちでとびきり大きな売買といえば、やはり家でしょう。

どのような家にしたいか、どこに建てるかなどによって住宅購入にかける予算は千差万別ですが、支払いは現金一括払いという人はあまりいないのではないでしょうか。

そうでなけれは、多くの銀行によって住宅ローンが扱われている理由がありません。

ローンの申し込みをし、審査に通ると初めて融資を受けることはできます。

金額の大小にかかわらず、これは変わりません。

住宅購入資金を得るためにローンを組む場合でも、申請した内容に基づき審査が行われ、融資が決定されます。

この審査の結果が悪ければ、その人にはローンが認められないことになります。

審査には年齢、性別、収入、仕事の内容や今の会社にいる年数、過去の返済に問題はなかったかなどを細かく確認され、融資をしてもいい顧客か判断されます。

これらの審査に通って初めて、貸付が可能になります。

審査で融資を認められなかった人は、そのキャッシング会社を利用することはできないだけでなく、何が原因なのか教えてはもらえません。

家を買い入れるに当たって住宅ローンを組むことは欠かせませんから、どこかしらの会社に審査に通る必要が出てきます。

住宅ローンの審査ではどのような内容がチェックされるのか、審査を有利に進める方法はないか、住宅ローンを利用するならぜひとも考えておきたいことです。

フリーローンでお金を借りるとき


フリーローンを使う時に気をつけるべきことは何でしょうか。

利用者の増加や宣伝効果により、キャッシングは前より明るい印象となりました。

キャッシングサービスを利用できる人の幅も増え、手軽なキャッシングが可能になっています。

他社借入件数が多く、月々の返済に大変な思いをしているのなら、金利の低いフリーローンを使って借金の整理をしてもいいでしょう。

使い道は自由です。

今回が初めてのローン利用であり、申し込みも審査も何もかも初体験で、まず何をどうするべきかわからない人もいるのではないでしょうか。

銀行でも扱われているフリーローンは使いやすくはありますが、返さなければならない金銭であることは自覚が必要です。

自分自身の収入と支出を考えた上で、自己責任に於いてフリーローンを申し込むようにしましょう。

月々に数万円くらいなら何とかなるだろうと希望的観測で見積もった結果、継続して払い続けることが予想外に困難になるかもしれません。

借入金額を決定する時は、どんなに多くても返済金額が収入の1割以下になるようにしておくと無理なくお金を返せます。

上手に使えば、キャッシング商品は日々の生活をより快適にてくれますが、ひとたび返済の目算を間違えると、その後に大変な思いをするかもしれないのです。

頼りになる杖として役立てるはずのローン商品で、将来の足を踏み外さないようにしましょう。

将来を見越した返済を予想し、返せない借金は作らないようにしてキャッシングを活用しましょう。

低金利融資の金融商品


低金利融資の金融商品とはどのようなものなのでしょうか。

この低金利融資というものは、名前を見てわかるとおり、金利が低い融資の事です。

金融商品は多数ありますが、何を基準に選んだら良いのか迷う事が多々あります。

そんな時は迷わず低金利融資の金融商品をお薦めします。

低金利融資を選択する場合次のようなことを考えましょう。

カードローン商品を決める場合、今借入する金利で選ぶのか、ある程度先を見越して最小の金利を引き出すのかを選択しなければならないのです。

融資の金利は利用額や利用目的によって利息を決定しています。

その例としてあげられるのは、10万円以下の短期的な借入れ、50万円程度のまとまった借入れ、100万円クラスの高額借入れ、100万円以上の長期借入れ、他社借入の一本化、現在利用しているローンの借り換えなどです。

金利は大きいのは借入額が小さい場合です。

高額融資には、低金利融資の金融商品が多く、比較的長期利用を目的としているものが多いようです。

短期間で利用する低金利ローンは貸し手側にとって収益が小さくなってしまうからです。

借り手側は、短期であろうが長期であろうが低金利で借入したいものです。

ですから融資額によって決められる中で一番低金利の融資を選ぶようにしましょう。

低金利融資のもうひとつの特徴は、幅広いライフスタイルへの適用が可能だということです。

キャッシングは以前よりも利用が手軽にできるようになています。

貸金業規正法の改正によって大手の消費者金融をはじめ、信販会社が発行するカードローンの金利が格段に低率化され返済計画も立てやすくなっているからです。

自動車購入融資における審査


自動車ローンは、審査を受けなければ使えません。

自動車を購入のための融資の場合、銀行からの融資、消費者金融からの融資、自動車販売店での融資の3種類があり、それぞれの融資には特徴があります。

利用するローンが銀行のものなら、どんな車を買う予定なのか、購入予定金額はいくらか等々の資料を出します。

自分の名義にする車の購入にのみ、銀行からの借入は認められています。

低い金利で借り入れることが出来る点が、銀行からカーローン融資を受ける際のメリットといえるでしょう。

ただし銀行の審査は基準がきついので、誰でも融資を受けられるわけではありません。

年収や居住スタイルだけでなく、仕事先、業種、勤続年数、居住形態、他社借入件数なども審査対象です。

銀行の他には、自動車販売店からの融資もあります。

これは販売店と組んでいる信販系ローンになります。

信販会社は自動車販売店との付き合いもあるので、その分ローンが組みやすいようです。

銀行と同じ内容の審査でもこちらの方が甘くなります。

この場合、返済が全て終了するまで購入した車の所有権は販売店のままです。

また、銀行に比べると高金利な傾向が避けられません。

所有権が移されるのは、自動車の代金を全て支払ってからです。

消費者金融では、特に自動車購入用の融資は設けていないことが多く、自動車購入のためには、使用用途をこだわらないフリーローンと呼ばれる融資を受ける形になります。

審査基準が銀行などに比べると格段に低いのでよく使われる方法ですが、金利が高くなりがちな点が弱点といえます。

つなぎ融資の代理受領について


つなぎ融資は短期間でも高額の融資を受けることになりますから、金利や手数料の支払いは結構な額になります。

ごく当然なこととして、このつなぎ融資にかかるお金を省きたいと思うのではないでしょうか。

住宅ローンの融資を受けるまで時間がかかるということがありますが、それでもつなぎ融資が必要ないことがあるのです。

つなぎ融資は、不動産会社が代理受領というシステムを採用している場合は必要ないことがあるのです。

つなぎ融資とは、不動産会社に支払わなければならない費用が、本来の住宅ローンが手元に入る前にもかかわらず発生することから必要になってくる融資のことです。

住宅ローンからの支払いを不動産会社に待ってもらうことが可能ならば、つなぎ融資は必要ないといえます。

不動産会社が住宅ローンの融資金を受け取る約束をするのが、つなぎ融資の代理受領というものです。

これにより、購入代金の支払い前に物件を引き渡す仕組みです。

不動産会社が負うのは、住宅ローンからの融資金が入らないかもしれないというリスクなのです。

この代理受領という仕組みは、つなぎ融資の金利負担をなくしてくれるのが良いところです。

本来の義務ではなく、業者のサービスといえるのがこの代理受領というシステムなのではないでしょうか。

あまり高圧的に要求をして問題がこじれてしまっては大変です。

代理受領の依頼をしたい時は、住宅ローンの融資決定の証明書などを出しながらさりげなく話を持ちかけるようにすることがポイントです。

つなぎ融資の申し込みに必要な手続き


金融機関に、必要な書類を整えて提出することでつなぎ融資を受けることができます。

じつに様々な書類が申し込みには必要ですので、これを揃えるのは大変なことです。

きちんと書類を整えなかったり、手続きに不備があると、つなぎ融資を受けることは不可能ですから、面倒でも用意しましょう。

金融会社によってつなぎ融資のための提出書類の内容は少しずつ変わっていますので、事前の確認が不可欠です。

つなぎ融資の申し込みに必要なものは各種書類の他に、実印と印鑑証明書、身分証明書、所得証明書、住民票の謄本、火災保険の証券、返済用の通帳とその銀行印、そして収入印紙です。

申込書類は、個人情報に関する同意書が必要です。

つなぎ融資は勤め先や借り入れ情報などの個人情報を扱うので、個人情報の用途について明記し同意を取った書類が必要になります。

借り主や借り入れの内容をきちんと明記して、つなぎ融資の借入申込書というものも作成します。

この他にも借り入れ先の銀行につなぎ融資の返済を約束する約束手形が必要です。

その他にも、つなぎ融資の契約書の一種である金銭消費賃借契約書というものを作成します。

このつなぎ融資の契約書に書き込むのは、借り主と連帯保証人の名前と借り入れ要項などです。

つなぎ融資の申し込みの際に抵当が必要な場合は、抵当権設定連帯保証委託契約書、そして抵当権設定の登記申請に関する委任状も必要な書類です。

ローン一本化で注意すべきこと


ローン一本化の申し入れをキャッシング会社にするに当たり、注意するべきポイントが幾つかあります。

借り入れを申し込む場合には、相手との信頼関係が大事になります。

ローンの一本化によって大きな金額を借り入れようとするために、キャッシング会社のほうは慎重な審査を通して返済能力を推し量ろうとします。

そのため、申し込みで正確な情報を伝えることが、ローンの一本化を目的として借り入れる時の注意点です。

氏名や住所もそうですが、その他の内容も正しい内容を書き込んでください。

キャッシング会社は、申し込みがあるとすぐに与信会社に照会しますから、偽りを書いても必ずばれてしまうと思っていいでしょう。

以前書いたものと異なる内容であった場合、キャッシング会社が怪しむだけの結果しか得られないので、注意してください。

現在の借り入れ金額や他社借入件数も正確に申告した上で、ローンを一本化したいことや、返済する意志が強いことをアピールしましょう。

借り入れ審査が終わった時にお礼の言葉を一言伝えるだけでも、良い印象を与えることができます。

インターネットを通してキャッシング申し込みをする場合には、情報が問題ないか、送信する前にもう一度よく見てください。

内容に間違いがあるまま送ってしまうと信用を失ってしまうだけでなく、今後キャッシングを利用する時に差し支えかねないので注意しなければなりません。

申請にあたって収入証明書類の提出を求められることがありますが、その場合のポイントとして、直近の最も月収がよい月の給与明細書をコピーして提出するようにしましょう。

ローンの一本化とは


複数の会社からローンをして多重債務状態になったとしても、それを整理してまとめる方法はいくつか存在します。

今の複数のローンを、金利が安い別のローン一本にまとめます。

こうしたやり方で、効率よく借金を返済するやり方を探ってみましょう。

最近は消費者金融の存在がぐっと身近になり、自分のお金を引き出すような感覚でキャッシングの利用ができるようになりました。

ローンが手軽になったので、エステや高い商品といったものも購入しやすくなっています。

しかし一つ一つの借入金額が安くても、一社、また一社とキャッシング会社を増やすうちにローン返済額が返せないほどに膨らむことがあります。

最終的に返済ができなくなった人の中には、一件の返済のために別の業者からの借り入れ金を使っていたという人もいます。

複数の消費者金融から借り入れをしていたり、ローンを幾つか持っている場合、毎月の返済や手数料などの管理に圧倒的に手間がかかります。

特に50万円以下の小口融資が複数あると、利率が無闇に高くなって利息分ばかりを返済していることもあります。

借金を一本化し、返済プランを組み直すことがローンの一本化といえます。

借りたお金そのものを減らせるものではありません。

しかし、いくつかある借り入れを一本化すれば、低い金利のローンの利用などで利息を減らし、返済すべき総額を減らすことが可能かもしれません。

つなぎ融資の対策


借入期間が短いとはいえ、つなぎ融資を借りる時にはある程度の費用を覚悟しなければなりません。
少しでも利息を短くしたいならば、期間を短くすることが返済総額を減らす道です。
なぜなら、利息は日割りで計算されるからです。
前もって住宅ローンの仕組みや利息のつき方、つなぎ融資について知っておくと、効率よく利用できます。
住宅ローンは取り扱っていても、つなぎ融資は扱っていない金融会社もあります。
つなぎ融資を扱っている金融業者についての情報は、なるべく早い段階で把握し頭に入れておくべきです。
つなぎ融資は住宅ローンが融資される前の穴埋め的な役割です。
早めに住宅ローンを申し込んで契約を済ませてしまえば待ち時間が短くて済みます。
住宅ローンの中でも多くの人が利用しているフラット35ですが、これは融資の開始日が常に一定となっています。
融資のスタート日が住宅の購入契約をした日よりずっと後になってしまった場合に、契約金を払うために当座で借りるものがつなぎ融資です。
つなぎ融資の利用日を短く済ませるためには、金融業者から借りる融資の実行日の多いところを選択することも、返済を圧縮するいい方法です。
物件の引き渡し日を遅らせて、融資が決まるまで待ってもらう事もつなぎ融資を回避するという対策の1つです。
つなぎ融資を回避するという対策ではなく、つなぎ融資分の費用を不動産会社に負担してもらえるよう交渉するという方法もあります。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

住宅ローンのつなぎ融資の費用


住宅ローンの融資が行われるまでのつなぎとしてお金を借りる場合、借りている期間の分の金利支払いが必要になります。
短い期間の借り入れであるにもかかわらずつなぎ融資の金利は高く設定されていることが多いですが、これはまとまった金額を早期に必要とする人が借りるためです。
融資を受けるには、印紙代、振り込み手数料、印鑑証明や住民票の発行手数料など、その他にもさまざまな経費がかかります。
このように、つなぎ融資の申し込みには手数料や書類の発行費用などの経費がかかることを覚えておきましょう。
色々考え合わせると総額は増えていく一方なので、家を買うためにかかる資金は多めに見積もっておくべきでしょう。
例えば、融資の申し込みには印紙も必要にですが、金額によっては数万円必要です。
つなぎ融資の金利が年利2.4%だった場合、仮に融資額4,000万円とすると1日につき約2,630円の金利が必要になります。
仮に15日間借りる場合、金利は4万円もかかるのです。
そして、利息とは別に印紙代などの手数料もかかりますから、結局は6万円半ばの費用がかかるわけです。
つなぎ融資を受ける際には12〜15万円もの費用がかかる計算になってしまいます。
よく利用されるタイプの住宅ローンにフラット35というものがあります。
フラット35では、最初の日が月の何日かが指定されています。
このため、タイミングが悪ければつなぎ融資がどうしても必要になりますので、借り入れ金額だけでなく期日も含めた資金計画をシュミレーションしてみましょう。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

住宅ローンのつなぎ融資とは


つなぎ融資というものをご存じでしょうか。
住宅ローンは、ローン契約を取り交わした時点ですぐに借りられるわけではなく、実際に借りることができるまで少々時間が必要です。
今すぐに住宅購入のためにお金が必要なのに、融資の実行までに数日から数十日を要することがあります。
つなぎ融資というのは、住宅ローンの融資が実行されるまでのあいだ、資金を融通するために借りる融資を指します。
つなぎ融資で借りてきた資金は住宅のための手付け金や建築着手金の支払いにあて、つなぎ融資で借りた資金は、後に借りてきた住宅ローンで返すという形になります。
つなぎ融資で手付金を支払ってから土地の登記を済ませます。
金融機関から住宅ローンを借りるには担保が必要で、それには登記の完了した土地をあてるのが一般的です。
この住宅ローンで融資を受けてから、つなぎ融資を返済します。
つなぎ融資は住宅ローンとは別に契約書が必要で、金利も住宅ローンとは別なもので、つなぎ融資の手続きや金利が別途必要になるのです。
新築物件を購入する場合には、買い手の代わりに不動産会社が直接金融機関からの融資資金を受け取ることと引き替えに、代金支払い前の登記を認めるという方法を取ってくれます。
このような形(「代理受領」といいます)が取れるかどうかは、不動産会社によって違います。
土地を購入して家を建てる時は、最初の建築資金は自分で補うかつなぎ融資を利用するか、よく考えてから住宅ローンの準備をしましょう。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

ローン一本化の選び方


ローンを一本化するためであるかどうかに関係なく、キャッシングによってお金を借りる場合、金融会社が設けた審査をパスする必要があります。
この審査はスコアリングシステムを呼ばれていて、金融会社が顧客の状態を点数づけし、同じ状況にある人であれば平均してどのぐらい返済の能力があるかを計るものです。
融資先顧客の属性には年齢、家族構成、勤務先とその規模、勤続年数、持ち家の有無などがあります。
こうした融資の審査においては、他の金融会社からの借入件数が重視されます。
年収や返済総額などに加えて、他の金融会社からの借入件数もまた大事なポイントとなることがあります。
このため、借り入れ件数は無視できるものではありません。借り入れの件数を減らし、それからローンの一本化にとりかかるというような手順も必要になってきます。
小口の融資が幾つかあるならば片方から借りたお金でもう片方を一括で返済してしまう、などです。
信用が高ければローンの一本化をするにしても選択肢が多くなりますが、それには借入件数が2件程度である必要があります。
借入件数が3、4件の人はローンを一本化したいと考える人も増える傾向にあります。
融資を行う方としてもこうした場合の対応には慣れているので、ローンの一本化の審査はそれほど厳しくなく、利用可能な域にあるといえるでしょう。
融資を受けている件数が5件を越えた場合、審査の境目を越えてしまいますので、新規融資を受けにくくなってしまいます。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

住宅ローンの繰上げ返済について


月々の返済とは別に、まとまった収入などがあった時に一気にローンの一部を返済することを繰り上げ返済といいます。
繰り上げ返済をすることで、住宅ローンの返済の残りをぐっと減らすことができるのです。
当初の住宅ローン返済計画予定よりも支払い利息を大きく節約できるのがメリットです。
住宅ローンの繰上げ返済のメリットはなんといっても、金利負担の軽減と返済期間の短縮の2点です。
繰り上げ返済をする時は返済計画を見直し、ローン控除額と手数料との兼ね合いを確認しましょう。
控除対象額の減額に応じて還付金が減る可能性に注意しなければなりません。
また、繰り上げ返済にどの程度の手数料がかかるかも確認すべき点です。
住宅ローンの獲得競争は金融機関の間で激化していて住宅ローン商品も多様化しています。
手数料の仕組みなど、繰り上げ返済を検討する時に確認しましょう。
繰り上げ返済は、大まかに2つの方法が存在します。
月々の返済額を増やし完済までの期間を短くする毎月返済額圧縮型と、返済から返済までの期間を当初予定より短くする期間短縮型です。
住宅ローンの返済がより負担になる方が期間圧縮型ですが、こちらの方が利息の節約効果があるでしょう。
あまり負担のない形で住宅ローンの繰り上げ返済を行いたい場合には、毎月返済額圧縮型を選択する方がいいかもしれません。

キャッシングローンの基礎知識のTOPへ

住宅ローン借り換えの手続きと諸費用


住宅ローンの借り換えの手続きや諸費用は、何から手をつけていいか迷う人もいるでしょう。
まずはインターネットで様々な金融機関のホームページを見て、住宅ローン借り換えの手続きと諸費用について必要な情報を収集しましょう。
金利やいろいろなプラン、住宅ローン借り換えキャンペーンなどのお知らせがたくさんのっていますので比較検討します。
住宅ローンの借り換え先候補を決めたら金融機関数社に足を運びましょう。
最初から一つに決める必要はありません。
金融機関に行く際には源泉徴収票、登記簿謄本、売買契約書、現在の住宅ローンの償還票を持参すれば、スムーズに住宅ローン借り換えの手続きと諸費用について話をすすめることができます。
複数の金融機関で聞いた話を比較して、最も自分に合う住宅ローンを見つけましょう。
借り換え先の住宅ローンを決めたら、後はその金融機関に申し込みを行います。
借り換えの審査を受けることになるので、金融機関に署名、捺印をした必要書類を出します。
審査を無事通過したら借り換えの手続きを行います。
借り換え前の金融機関で抵当権の抹消などの手続きを行い、新たに抵当権を設定します。
そして、金銭消費賃貸契約書に署名をして諸費用を支払いましょう。
あらたに住宅ローンを借りるわけですから、初めに借りたときと同じように借り換えの場合にも諸費用が発生します。
印紙税や保証料、事務手数料、登録免許税等は前回と同様にかかりますし、司法書士報酬なども発生します。
金融機関によっては、借り換えキャンペーンなどで手続き保証料0円といったお得なサービスがあることもあります。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

返済額を減らす住宅ローンの借り換え方法


返済額を減らす住宅ローンの借り換え方法について調べてみました。
返済額を少しでも少なくすることが、借り換えによって住宅ローンの負担を軽くする方法です。
年収が勤続年数によって増加が見込めたり、家を建てた後しばらく共働きを続ける予定のある人は、住宅ローンの支払いも今後の収入を加味して返済額を減らす計画を立てることができます。
他のローンの払いや教育費が終わるなどで支出の減少が見込め、返済能力が今後上がる人もいます。
そのような人は、今の返済が少なくできるような借り換えスタイルを考えましょう。
今後、財産分与などである程度の収入が見込める人や、高収入の仕事をしており繰り上げ返済などで返済ができそうな人、貯蓄を殖やし続けている人、あるいはローン返済がさほど負担になっていない人は金利の上昇も問題はないでしょう。
固定金利タイプで10年型の低金利な住宅ローンが、そういった人に合う住宅ローンの借り換え先といえるでしょう。
繰り上げ返済を柔軟に行うことで、10年後の金利上昇などに対応できるだけの収入や貯蓄の余裕のある人はこの方法が向いています。借り入れ期間が10年程度で固定金利タイプの住宅ローンには、返済の残り期限が15年以上ある人ならば借り換えを検討した方がいいでしょう。
完済までの期間が短い住宅ローンは、金利上昇リスクを軽減することができます。
住宅ローンの借り換えを検討する人の中には、まとまった貯蓄があり返済に余裕のある人もいます。
負担を少しでも減らし、返済を少なく抑えることが目的なので、金利の低い住宅ローンを探しましょう。

キャッシングローンの基礎知識のTOPへ

JAマイカーローンの申し込み


JAマイカーローンについて知るには、実際にJAの窓口で聞いてみることです。
地元のJAの場所ついて知るには、インターネットや電話帳で検索すると便利です。
借り入れ期間は最短6ヶ月、最長7年です。
もし借入期間を6ヶ月より短くしたり7年より長くしたい場合は窓口に問い合わせてみましょう。
JAマイカーローンの借り入れ利率は固定金利と変動金利から選択することが可能です。
自分自身で返済計画をあらかじめ立てておいて、JAの窓口で相談すると良いでしょう。
キャンペーンなどで借り入れの優遇を行うJAマイカーローンも存在しているようです。
サービス内容はそれぞれに違いがあるので、申し込み時に調べることが大事です。
申し込みには、購入する車の見積もり書と所得税証明書または車の見積書が必要になります。
その他には、JA通帳と通帳印、免許証・健康保険証・住民票などを用意しなければなりません。
場合によっては保証人が必要なこともありますが、まずは近くのJAに行ってマイカーローンについてじっくりと話を聞くことが重要です。
マイカーローンを組む時は、JAだけでなく信販系や銀行系などの金融商品とも比較してみましょう。
金利や返済でも少しずつ違います。
JAマイカーローンを申し込む条件に、JA組合員であることが含まれることもあります。
その場合でも窓口に問い合わせてみましょう。
准組合員として組合費を払い込むことでマイカーローンが組める場合もあります。


キャッシングローンの基礎知識のTOPへ

JAマイカーローンの審査基準


JAマイカーローンの審査は低金利の分だけ他のマイカーローンに比べてかなり厳しいといわれています。
しかし普通に働いている人ならまず問題なく審査は通るマイカーローンなので利用する価値はあります。
JAマイカーローンは、まず借入時の年齢が18歳以上であること、そして最終償還時年齢が71歳未満であることが条件です。
JAマイカーローンの審査基準は、勤続1年以上、前年度税込み年収が200万円以上である必要があります。
これらの審査基準は、一般的に考えて厳しいものではありません。JAが公開している基準はこれで全部です。
ただし、ローンとは返済能力のある人に貸すものです。
単純に収入だけではなく、これまでのローンの利用状況なども確認されます。
JAマイカーローンを申し込む場合には注意が必要です。
他に多額のローンを組んでいる場合などはいくら条件がそろっていても簡単には審査が通らない場合もあるようです。
JAマイカーローンの審査を受ける時、他の信販系や銀行系キャッシングでのローン審査を受けると、その情報が信用情報機関に送られます。
JAマイカーローンの審査の結果が出るまで、他社へのローン審査はやめておきましょう。
月々の返済額と自分自身の年収や勤続状況、将来の出費の見通しなどをよく考え、自分に合った返済計画を立てることができるか考える必要があります。
JAマイカーローンは低金利で色々な目的に使えるので、審査に通りさえすればかなり力強い存在となります。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

社会人でも使える進学ローン


大学を出てからでも、学びのために使える教育ローンがあります。社会人の使う教育ローンとは、資格の取得やキャリアアップを目的としたものです。
現代では社会人になって勉強が終わるわけではなく、長く働き続けるにも常に自分を磨き続けなければなりません。
自然と教育費も必要となります。職業能力開発校や専門学校で学ぶための費用でも、国民生活金融公庫の教育ローンは融資可能です。諸条件によっては、200万円程度が一人当たりの融資に可能です。
返済期間は10年で、金利は固定金利の社会人でも使える進学ローンです。
国の公的ローンとよく似た形で民間のローンでも社会人が利用可能なものが、銀行などにはあります。
口座の開設状況や利用履歴によって、民間銀行の扱う教育ローンでは金利が優遇されることがあります。
限度額300万円、金利は年4%〜7%前後となってはいますが、一応確認してみましょう。
社会人でも使える進学ローンは誰でも利用できるわけではなく、国民生活金融公庫は収入の安定している正社員しか利用できません。正社員でない人、例えばパートやアルバイトは国民生活金融公庫を利用できません。
学生本人の申請も認められません。
そのため、もし会社を辞める予定があるならば、退職前に進学ローンの申し込みを行いましょう。
申し込みは、会社を辞めてからでは遅すぎます。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

進学ローンの選び方


たくさんある進学ローンを選ぶにには、いくつかのポイントがあります。
まず、進学費用が足りない時に一番最初に考えるべきは奨学金です。
無利子で借り入れが可能な奨学金は、他のローンと比べてかなりお得です。
とはいえ奨学金を受けるには幾つかの条件を満たしている必要があります。
学力や経済力などの条件が合わなければ、民間や国の進学ローンを使うことになります。
進学ローンはどのようにして選べばよいかという問題があります。進学ローンの選び方は民間も公的も金融機関は様々な特色があります。
進学ローンの比較ポイントは、借入期間や返済の方法、また、借入限度額や金利などです。
申し込みの早さや方法もそれぞれ異なります。
金融機関に直接申し込むこともできますが、電話やFAXでの申し込みも可能です。
最近では、インターネットのホームページで申し込みができる金融機関もあります。
教育ローンを選ぶ時、なるべく金利の低いローンを選択したいと考えているなら、国民生活金融公庫の教育ローンが低金利で条件に合致しているといえます。
金利が低ければ返済総額が少なくなるので、重要なポイントです。限度額500万円、金利3%〜5%程度の中央ろうきんの教育ローンもお得な教育ローンです。
検討してみてもいいでしょう。
その次が都市銀行の進学ローンです。民間の進学ローンは秋〜春の間をキャンペーンとして、安い金利で貸し出すところもありますのでそれらのチェックも必要です。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!