キャッシングローンミニ知識 > ローンのミニ知識



銀行によるまとめローンの審査について


まとめローンという字面からだけでは、何社かのキャッシング会社から融資を受けている状態であるならたいていは使えるものと思いこんでしまいがちです。

銀行からのまとめローンは、申し込めばすぐ使える都合のいいものではありません。

まとめローンの手続きには、必ず審査があります。

銀行側は、返済能力があると見込んだ人物にのみ限定して融資をしたいからです。

安定した収入を持たないパートや家庭の主婦の場合、まとめローンの申し込みをしても断られることが多いかもしれません。

例え定期的な収入があるにしても、やはり社会的には認められにくい部分があります。

審査を受ける際、まとめローンがどうしても必要だということを銀行に伝えるという方法もあります。

正直に話し、相談に乗ってもらうことで、あるいは突破口があるかもしれません。

まとめローンの融資を希望する時は、多少条件が厳しくても諦めず、事前調査をしてから銀行に出向いてください。

審査で返済能力を見る時、銀行が重視する点に完済を果たすという意思があるかという点があるので、返済トラブルを起こしたことのある人は要注意です。

キャッシング利用履歴を確認した時に、過去に延滞経験がある人はそれを理由に断られることもあります。

それくらい信用情報とは審査で重要なのです。

過去に返済ができなくなったことがあると、銀行からの審査の結果は厳しいものになります。

銀行とまとめローンの申し込みを検討する場合には、今までの借り入れや返済内容を振り返って、信用してもらえるような状況に改善することをおすすめします。

銀行によるまとめローンについて


銀行によるまとめローンについて。近頃では手軽なキャッシングローンに頼りすぎて、先々のことを忘れてついつい借りすぎてしまい、返済ができない状態に陥ってしまっているという人が少なくないようです。

気が付いたら、利子のみの返済に追われお金を借りた元本が、全然減っていないという状態に陥ってしまう場合も少なく無いでしょう。

銀行のまとめローンは、そんな時に借金を整理する手段の1つです。

複数社から借りていた融資を、より低金利の1社に借り換えることにより、月々の返済額を減らして返済の負担を減らしつつ、利息を減額できます。

また銀行による、まとめローンで返済する場所を1つに絞れる為、複数の返済日に気をする必要がなくなるので、精神的に楽になるというメリットもあります。

ですが、その他の金融商品と同様、まとめローンは審査を通らなければなりません。

審査に通らなければ銀行でのまとめローンを組むことができませんので、ここが正念場となります。

例え審査に通ったからといっても、元本が減るわけではありません。

審査に通ってまとめローンが使えるようになったからといって、それで安心して返済そのものがおろそかになってはいけません。

まとめローンを利用できるようになったことを弾みにし、着実に返済を続けていくための気構えを入れるといいでしょう。

半永久的にキャッシング返済を続けるような事態にならないよう、銀行のまとめローンを上手に使って、現在受けている融資を手早く返済してしまうといいでしょう。

投稿者 山本 モナ

オートローンの選択方法


賢いオートローンの選び方とは、どういう選択のことでしょうか。

オートローンには主に2種類のタイプがあり、信販会社や自動車ディーラーが取り扱うオートクレジットと銀行や信用金庫、JAが取り扱うマイカーローンです。

手続きが手軽で手早く済むものがいいなら、オートクレジットがいいでしょう。

ただし、オートクレジットは返済が終わるまで車は信販会社やディーラーのものであり、利息も高めに設定されています。

マイカーローンのメリットは一般的にオートクレジットより金利が低く、免許取得費用や車検費用等もローンの対象となる点です。

また、マイカーローンは、購入したその時から車の所有者になれます。

デメリットは、手続きがクレジットに比べてやや面倒で審査に時間がかかる点です。

申し込み時には、源泉徴収票、住民票、自動車購入証明書類、運転免許証などの書類がそれぞれ必要となります。

この点はどちらのオートローンでも似たようなもので、会社によって少し違いがあります。

近年は残価設定型リースをアレンジした残価設定型のオートローンがメーカー系クレジット会社から提供されているのも特徴です。

何年か後に車を下取りに出すことを前提に、下取り価格を購入時の価格から引いてローン組むというものです。

据え置いた額については、ローン分の返済が終わった時点で下取りや完済などが選べます。

下取りを前提としてローンを組むことで月々の支払額を減額できますし、その後は買い取っても売り渡してもいいといういいとこ取りなローンなのです。

オートローンとは


ローンには様々な種類がありますが、オートローンもその1つです。

オートローンとは自動車の購入に対するローンの事です。

自動車ローン、カーローンもオートローンのことです。金融機関が提供するサービスで車検や運転免許取得などへの費用にもあてられるマイカーローンもあります。

オートクレジットは、信販会社が提供する自動車購入の際の分割払いの金融サービスのひとつです。

自動車を新しく買い入れる時は、その自動車会社のディーラーにローンをお願いする形が普通でしたが、この頃はオートローン自体も多様化が進んでいます。

金融商品にオートローンを含む会社も増加し、会社の系統も銀行や損害保険会社、信販会社、消費者金融など様々です。

原則的に、オートローンの使用目的範囲は自動車本体を買うときにかかる費用となります。

けれど、オートローンにも色々なものがあり、自動車学校の学費や車検代、または車の修理費用でもローンを組めるというタイプも存在します。

オートローンの金利は、変動制と固定制の2種類です。

オートローンのような目的限定型ローンは、キャッシングローンのようなフリーローンより低金利で利用できます。

20歳以上で毎月安定収入があり、他の無担保借入との合計額が年収の50%以内であること、他の借入金と合わせた年間返済額の合計が年収の40%以内というのが、オートローンの一般的な借入条件の目安になっているようです。

ローン一本化の申し込みをする前に


ローン一本化の申し込みをする前に把握しておかなくてはならないことがあります。

もしも、今、自分の経済状況を十分に把握できないほどの借金に追われているならば、全体像が認識できていない可能性があります。

そうなると、現時点でどこまで返済が進んでいるのか、総返済額はどのローンでいくらになっているのか、曖昧なままになってはいないでしょうか。

自身の収入や返済に回す金額、絶対に必要な支出などを把握しておくことは、ローン返済に際してしておくにこしたことはありません。

現在の状況がはっきり認識できたら、次のステップに移ります。

自分の返済の能力をできるだけ正しく認識するためにも、一本化をする前に、月々の収入と、生活に必要な金額を把握しましょう。

問題の大本として、どうして今、一本化ローンを検討しなければならないほど多額の負債を抱えているのか考えてみてください。

ローンのきっかけは何で、ローンが増えた理由は何だったでしょう。

作る必要のない借金はなかったか、十分考え直してみてください。

無事に一本化ができたとしても、魔法のように負債が消えてなくなるなどということは起きません。

全てを返しきるまで、借金は存在し続けます。

収入と支出のバランスを考え、これ以上、お金は借りないという強い思いを持たなくては折角のローン一本化も無駄になってしまうだけです。

一本化によってローンを整理する前には、今までの消費に対する姿勢をよく考えてからにしてください。

ローン一本化の審査方法


審査を通過しなければローンを組むことができないのは、どのローンも同じです。

ローンの一本化だけでなく、ローンを組むこと自体も、審査を通らない限りは認められないのです。

一本化ローンやその他のローンを組むための審査の内容は、業者毎に違います。

ですが、いずれの金融機関も、ローンが初めてだという人に対してと、多重債務状態にある人に対しては審査結果が変わっていくでしょう。

現時点で返済しなければならない借金がある人には、いくぶん基準が厳しくなるかもしれません。

一本化のための審査を申し込んだ場合、申し込まれたキャッシング会社は、その人について信用情報機関に確認します。

信用情報機関によってその人の経済活動が確認され、ローンの総額や件数、支払い姿勢が調べられます。

もしも何らかの虚偽申告などが見つかってしまったなら、この時点でふるい落とされてしまいます。

次いで、コンピューターを用いたスコアリングと呼ばれる審査がなされます。

顧客の返済能力を見積もる審査がスコアリング審査です。

ローンの利用歴や、家族構成や勤務歴などから判断します。

最後に在宅確認が行われます。

住まいや勤務先を実際にチェックするものです。

本当にその場所に生活の基盤をおいているのか、電話番号にスタッフが電話をしてそこにいることを確認します。

自宅の確認だけでなく、勤務先の確認もして本当にその会社に雇われているのかどうかもチェックされます。

ローン一本化のメリット


借入件数が増えすぎてローンの返済が追いつかなくなった時は、増えたローンを一本化するという方法があります。

ローンをひとまとめにして、1つの金融機関でローンを組み直すことを言い、おまとめローンとも呼ばれている場合もあります。

一本化することで、主に2個のメリットがあります。

何社ものキャッシング会社からのローンを組んでいる場合、会社ごとに決まっている返済日に個別に決まった金額を返済しなければなりません。

結果的に返済のコントロールが難しくなります。

月の収入から返済にあてる額を明確にするためにも、返済日を月に一度に一本化し確実に返していくことができることは大きなメリットです。

ローン一本化によって返済期日の見落としを無くすことにも繋がります。

うっかりミスでも、返済期日を過ぎてしまった場合には延滞利息がついてしまいますので注意しましょう。

少しでも無駄な出費を控えたい状態であるなら、返済日を忘れてますます借金を膨らませてしまうようなことは避けたいものです。

また、上手にローンの一本化ができれば、毎月の返済額や最終的な返済総額を減らせるというメリットもあります。

これまで借りていたところより低金利のキャッシングローンに一本化することで返済額を減らし、月々の返済も少なくできるというメリットは重要です。

毎月、返済にあてる金額や最終的な返済額を減らせるのは大きなメリットでしょう。

ローンを一本化することによって複数のローン会社へお金を返し続ける状態から、返しやすい状態へと変えるのです。

カードローンのデメリット


便利なカードローンですが、利用する際にはデメリットも理解しておくことも必要です。

どんなローンでも申し込む人の状況によって、ある程度の限度額が決まります。

カードローンの上限は、他のローンと比べて低く設定されているのはデメリットかも知れません。

金融機関によって、カードローンの上限かかなり高くなっている場合もありますが、いきなり上限の限度額が借りられるわけではありません。

住宅ローンや教育ローンなどと比較するとカードローンの金利は総じて高目です。

また、消費者金融のカードローンは銀行のカードローンより高い傾向があります。

これらはデメリットといえるでしょう。

借り入れ手続きから融資までが短時間で簡単なカードローンですが、それらは高い金利であげる収益性を基盤に作られたサービスといえます。

カードローンのメリットであると同時にデメリットとなる点が、限度額内でなら自由に借り入れができることです。

その手軽さが仇となり、客側が自分の預金をおろすような感覚で借り入れ操作を行ってしまうことがあります。

けれど、そのお金は金融会社から借りている金であるという事実に揺るぎはなく、自らの得たお金でないということは事実なのです。

融資の手続きが簡単すぎて、当然のことが見えなくなってしまうのです。

返済できないような高額の融資を複数社から受けてしまっている、という人はこういった感覚になってしまっていることがあり、これはカードローンに内在するデメリットといえます。

カードローンはとても便利なものではありますが、借金であることを忘れることなく、計画的にカードローンを利用するようにしましょう。

カードローンのメリット


カードローンの最大メリットは担保なしでお金が借りられることです。

住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなど、使用用途が限定されているローンを組むには担保が必要になります。

その点、カードローンは無担保で借り入れ手続きをすることが可能です。

また、教育ローン、住宅ローン、自動車ローンといった目的型ローンの場合は、申し込みから融資を受けるまでに間があいてしまいます。

その点、カードローンは短期間で借り入れが可能です。

必要な時に即座に借り入れが可能というメリットがあるのです。

カードローンは、銀行や公的な金融機関で取り扱われています。

それ以外にも、預金や為替業務を扱っていない銀行以外の金融機関も、カードローンを扱っています。

これらのカードローンの申し込みから融資までのスピードは、実感されている方も多いと思います。

無人契約機を使えばカードローンの申し込みは誰にも合わずに済ませることができますので、その手軽さもカードローンの大きなメリットといえるでしょう。

若い人でもお年寄りでも、広い年代層の人からカードローン融資が支持されているのは、カードローンから手軽に融資ができるからでしょう。

カードローンの場合、限度額までであれば、必要な時に必要なだけお金を引き出すことができます。

カードローンの返済方式はリボルビング払いが多いですが、最初に決めた返済額より多めに返すこともできます。

借りたお金には、借りている間、利息が付いてしまうので出来るだけ早く返済したいものです。

ボーナスが出た時や金銭的なゆとりがある時に多めに返すなど、返済に融通が利く点もカードローンのメリットです。

カードローンとは


カードローンのローンは英語で、loanになり、意味は貸す付け、貸すこととなります。

ローンには用途や貸し方によって種類があり、教育ローンや住宅ローン、自動車ローンなどがあります。

これからは全て、使用目的が限定されている物に対してお金の貸し付けになります。

対して、カードローンは使い道を特に制限していないローンです。

カードローンなどローンはお金を借りるわけですから、必ず返済しなくてはなりません。

返済手段は複数ある中から選ぶことができます。

一括、分割、リボルビングなどの返済方法があります。

借り入れた金額に対して、一度の返済で全額返済するのが一括払い、小分けにして返済するのが分割払いです。

2回払いまでは利息が付きませんが、3回払い以上の支払い回数になると利息が加わってくるのがカードローンの特徴です。

リボルビング払いとは、毎月、利息を含めた一定の金額を支払って行く方法で、カードローンを含め、どのローンもほとんどがリボルビング方式による支払いになっています。

月々の返済金額を決め、それに従って完済まで決まった金額をずっと返済するという方法が、リボルビング払いです。

返済する金額などは、どのような利息返済スタイルのリボルビング払いを選ぶかによって、条件が少しずつ違ってきます。

金融商品の中でも、カードローンは様々な会社が扱っています。

リボルビング返済で、使途制限はないキャッシング商品という特長があります。

低金利ローンと不動産担保の関係


不動産類を担保にすることで、低い金利でお金を借りることが可能です。

この方法を使えば、保証人不要無担保の消費者金融キャッシングと比較するとかなり安い利息で金銭を借りること可能です。

金利を低く抑えたままで数百万円の借り入れが可能ですが、条件は担保とする不動産価値次第です。

土地を担保として高額の融資を受け、子供の学費や車の購入資金にする人は少なくないようです。

低い金利で高額資金を借り、計画を立てて返済を済ませるわけです。

利用額が大きければ返済までの期間もかかりますが、何かあった時は不動産をあてにできるので、借り入れに応じやすいのです。

金利面や担保だけでなく、お金の返し方も現状に合わせてボーナス時に多めに返したり、一括を織り込んだりと返済手段も多岐にわたります。

利息額が少ないからと油断せず、まとまったお金がある時は前倒しで返済するといいでしょう。

いくら低金利ローンといえども、長く支払い続けていれば、それだけ利息も上乗せされますので、ずるずる返済期間を伸ばすのは良い方法ではありません。

低い金利で貸し付けるという共通点はあっても、それ以外の条件は金融商品毎に様々です。

低金利ローンについて広く知識を集めることで、数ある低金利商品の中から返済計画の立てやすい、希望する融資プランに沿うものが見つかるでしょう。

不動産を担保に低金利キャッシングを使う場合は、滞りなく返済を済ませなければ取り返しのつかないことになってしまいます。

低金利とはいえお金を借りていることには変わりありません。

くれぐれも計画的な低金利ローンの利用を検討しましょう。

低金利ローンのメリット


低金利ローンの最大のメリットとは、金利を安く抑えられることです。

その他に、金利が低いキャッシングは利用限度額が大きめであるというメリットがありますので、金利面以外にも嬉しい点があるでしょう。

多額のローンを組んだ際、低金利ローンと高金利ローンでは、金利や利息だけではなく、毎月の支払額や総支払額に大きな差が出ます。

無理のない返済をするために、返済日に支払う金額と完済までの支払いを考えましょう。

金利を考える時には、最後までの返済プランに無理がないか長期的視野に立って念入りにプランニングするといいでしょう。

返済計画を考える時には、返済日に決められた返済金額のことだけでなく、早めに返してしまえないかどうかなども合わせて返済条件をチェックしてください。

キャッシングを選択する際には、家計の事情や返済までの都合などを考慮に入れて使いやすいものを探しましょう。

低金利キャッシングについての知識をあらかじめ仕入れておくことで、この先融資が必要になってもすぐに対処できます。

低金利キャッシングなら、確実に返済額を押さえられます。

納得のいく低金利キャッシングを探し出し、毎月の返済実績を積み上げて長く使い続けていれば限度額引き上げも期待できます。

いま現在、低金利による借り入れの必要性が感じられなくても、もしかしたら十年後、低金利ローンを組んでいた若き自分に感謝する日が来るかもしれません。

これから先の自分、そして周りの人のためにも、低金利について知っておくといいのではないでしょうか。

低金利ローンとは


キャッシングローンの融資を受ける際に、金利が低いものが低金利ローンと呼ばれます。

低金利ローンの中には、担保も保証人もいらないことを前面に押し出しているところもあります。

低金利ローンは、急にお金が必要になった時や誰にも借りることができないけれどお金が必要だという人をサポートしてくれる現代社会の支柱ともいえる存在でしょう。

金利の低い融資は、高い金利での借金を抱え込んだり、借入件数が増えてしまった時に頼りになります。

借り入れ手続きを行った時は焦っていて金利の検討ができなかったとしても、後で高金利キャッシングであることに気づき往生することもあります。

多重債務などで返済不能状態になってしまった時は、金利の低いキャッシングにローンをまとめるという手法もあります。

残りの債務が大きすぎると、ローン一本化の審査が下りないことがあります。

返済が滞ってしまうような状態になってしまうことを考慮して、あらかじめ他社で借り入れをする前に低金利ローンを組んでおけば良いのです。

返済を続けても利子分にしかならず、なかなか元金を減らすことが出来ないという困難な状況になってはどうしようもありません。

込み入った申し込み手順もなく、すぐに借り入れができます。

借入件数を増やしすぎたり金利が高すぎた場合、返済に行き詰まって生活費を切り詰めても追いつかなくなります。

金利の低いキャッシングへの一本化を検討するなど、返済不能に陥る前に何らかの手段を講じて乗り切った方がいいでしょう。

学生ローンと自己責任


学生ローンと自己責任について。

現在、18歳以上で学生証と身分証明書を持っていれば、学生ローンを利用することができます。

この学生ローンは便利なキャッシングサービスで、保証人が必要無く、親や学校に連絡もいかず、ネットで申し込むことができます。

今学生ローンは、手軽で便利な学生ならではのものとして溢れかえっています。

コンビニで簡単に返済出来る様な、学生ローンもあるのです。

悪質な詐欺や架空ビジネス、マルチ商法や闇金も、学生をターゲットにしたものがたくさん存在しているのです。

実際にこの様な被害にあう学生が急増しています。

馬鹿らしい話だと思うかもしれませんが、自分の身はしっかりと守ることが大切です。

このような悪徳商法の取り締まりは最近ではどんどん厳しくなっています。

その結果たくさんの業者が逮捕されているということです。

万が一被害にあってしまったら、あなたの将来と自分自身の生活を守る為にも、親や警察にすぐ相談するようにしてください。

学生ローンを利用する前には自己責任として、返済期間中ずっと学生ローンで借りたお金を勉強と併用して返済して行けるのかどうか考えることが必要です。

本業である勉強に学生ローンの返済の為に支障が出てしまわないかどうかをしっかりと考えてから、学生ローンを利用することが大切です。

学生ローンは、保証人が必要無く親や学校に連絡がいかないものです。

自己責任だけで学生ローンを返済しなくてはいけないという事を重く受け止めて、学生ローンの利用を考えてください。

学生であっても急な出費やどうしてもお金がないと困る場合が無いとは言い切れません。

学生ローンは、楽しい学生生活を過ごすためにも、返済計画をしっかり立てたうえで、賢く利用することが大切です。

学生ローンの注意点


このごろ学生ローンと呼ばれるキャッシングサービスが増加しています。

この学生ローンの注意点についてご説明します。

実は今学生ローンでお金を借りてくるアルバイト詐欺の被害にあってしまう学生が増加しています。

これはインターネットの掲示板や、道端で声を掛けられて知ることが多いようです。

自分名義で借りてきた学生ローンのお金を全額渡す事で、何万円か貰えるバイトの様です。

あなたは今後の学生ローンの支払いは、そのバイトの雇い主がやってくれるという話を本当に信用できるでしょうか。

当然お金を渡した後は一切連絡がとれなくなり、学生ローンで借りたお金を全額自分で支払う事になります。

これに限らず騙されてしまうことが多いのが、3カ月後お金が3倍になりますといったような架空ビジネスの投資話や、美顔器やエステ等のマルチ商法の為に学生ローンを利用してしまうパターンです。

お金はどうしても必要な時に、自分の為に借りるものです。

くれぐれも他人の為にお金を借りたり、巧い話に乗らない様に注意しましょう。

また、闇金にも注意しましょう。

闇金とは全ての違法貸し金業者の事です。

高金利の利息を通常では考えられない様額で請求してきたり、回収の為ならどんな行為におよぶことがあるでしょう。

少しでも怪しいと感じたら絶対に借りない様にしてください。

このごろは闇金の手口も巧妙になっていますので注意が必要です。

会社の番号が携帯電話だったり、貸金業無登録である場合や、金利が29.2%より高いときは100%闇金融ですから気をつけましょう。

学生ローンのポイント


学生を対象とした学生ローンを取り扱うキャッシング会社がありますが、どのようなものなのでしょう。

学生を対象としたキャッシング商品が学生ローンです。

学生が一般の消費者金融でお金を借りようと思っても、学生というだけで融資を受けられない場合もあります。

これまでのキャッシングでは、顧客が学生だという場合は保証人や担保が必要となったり、少額融資のみだったりというものでした。

学生ローンは、そんな中でできた、学生を専用としたキャッシングサービスです。

金利も学割利率という割引がなされるなど様々な特色があります。

学生でも簡単にキャッシングが利用できるという金融サービスが発端となり、今では学生達の心強い友となっています。

今では様々な学生ローンがありますので、借り先の選択に悩む人もいるようです。

まず優先すべきは会社の安全度合いです。

低金利や限度額の高さに釣られて不審な業者を使ったところ、悪徳業者だったらとんでもないことになります。

最初はまず手広く行っているような会社がお勧めです。

学生ローン選びのポイント2つ目は、融資金利です。

学生ローンの金利には年12〜29.2%迄ありますが、年18%を目安にし、なるべくそれ以下の所を選びましょう。

銀行系のキャッシングローンは、年率18%程度になっているはずです。

会社の安全性と金利、この両者を意識して学生ローンを利用することがいい方法といえます。

学生ならではのキャッシングである学生ローンを上手に利用して、楽しいキャンパスライフを過ごしましょう。

大口ローンでお金を借りる


大口ローンとよく耳にしますが、一体「大口ローン」とは何のことか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

借入金が50万円をオーバーするキャッシングが、大口ローンです。

50万円に達しないローンを小口ローンと呼びます。

いくら借金したかではなく、融資限度額を一体いくらと決めているものか、という事です。

よく似たものに一本化ローンがありますが、大口ローンとは根本的に異なります。

200万円〜500万円のキャッシング商品が、普通の大口ローンといえます。

まれに、500万円以上貸し付け可能な商品もあります。

キャッシングを取り扱っている会社は数多くありますので、大口ローンの種類も多く、会社によっても審査内容や融資条件がかなり違います。

一般的な大口ローンは、顧客条件は正社員などで確実な安定収入がある成人を対象にしていますが、会社によっては学生やパートタイマー、主婦も限度額は低くても貸し付け可能としているところもあります。

又、多額のお金を貸してくれる大口ローンですが、中には、保証人がいらない、といった会社も存在しています。

また、契約時には収入証明書の写しを求められることもあります。

カードを作り大口でローンを利用することになった会社とは、その後も付き合っていくことなりますので、たくさんある選択肢をじっくり吟味し、使い勝手のよさそうな、納得できる会社を見つけましょう。

大口ローンの会社を選択する方法


大口ローンを借りようとするとき、まず何を基準に会社を選びますか。

貸し付け条件は会社によって色々あり、融資をしてくれる金融会社の数はかなりありますので、どのような借り方をしたいかわかっているなら、できるだけ希望が叶うところにしたいものです。

まず審査ですが、これも会社によって様々です。ある会社では、最短3秒で審査終了するところもありますし、即日のところもあります。

特徴としては、比較的審査は早いですね。

キャッシングで大口のお金を借りたいという人には急いでいる人もいるので、それに合わせて早く審査が終わるようなシステムを作っている会社が多いのではないでしょうか。

又、大事な限度額ですが、こちらも会社によって様々です。

限度額は最初に決まった数字がそのまま継続されるわけではなく、返済姿勢などによって変わります。

初回融資時の限度額は低めでその後アップするところもあれば、最初から高いところもあります。

年利も、会社によってバラつきが見られます。

少ないところでは、年率6.00%以下〜15.00%位のところもありますし、15.00%以上のところもたくさんあります。

借り入れや返済に利用する機会の多いATMの手数料や入会費、年会費もチェックポイントです。

一切無料というところもあります。

初回融資時や貸付期間7日〜30日内という諸条件をつけて、利息のつかない融資を行う会社も最近では増加傾向にあるので、条件を確認してみましょう。

今挙げた中でもたくさん会社によって、色々違いますね。

賢くローン利用をするためにも、まずは各社の情報を集めてよりよい条件でお金を借りられるところを選んでください。

おまとめローンは最後の手段


おまとめローンは最後の手段だと考えるべきでしょう。

おまとめローンを組む前に把握しておかなくてはならないことがあります。

家計が完全に圧迫されてしまうほど借り入れがかさんでいるような状態でローンを一本化しても、ローンの返済に右往左往するだけになってしまいかねません。

最終的に返さなければならない金額の総額はいくらであるか、また、今現在月にどのぐらいの額が返済に回されているのか、そのあたりを明確化していくことがまず求められます。

おまとめローンに限らず、ローンを完済するためには、借り入れ状況をしっかり把握しておくことが必要です。

現状の把握をしっかりと行ったなら、次に家計のためにどれだけのお金が必要なのかを数え上げ、点検をしていった方が良いでしょう。

借り入れ件数を減らし、ローンをまとめようと試みなければならないようになったのはなぜなのでしょうか。

無理のあるお金の使い方、無駄な出費、何に使ったのかはっきりしないような出費のムラといったものはなかったでしょうか。

ローンを一本化したからといっても、返さなければならない金額が減るわけではないことを覚えておく必要があります。

おまとめローンを利用できたとしても、返さなければならない借金がなくなるわけではないのです。

収入の範囲内で支出を考えるというような当たり前のことができるように考え方を改めることができなかれば、元の木阿弥になってしまうでしょう。

おまとめローンは完済のための最後の手段だと考えたほうが賢明です。

おまとめローンの審査方法


キャッシング会社を利用する際の審査は、普通の融資でもおまとめローンでも必須です。

審査の結果に基づいて、その人にお金を幾らまで貸すことができるかが決まります。

おまとめローンの審査内容は金融機関、ローン内容によって異なるようです。

初めてローンを組んでお金を借りようとしている人と、複数の金融機関でローンを組んでお金を借り入れてしまい、おまとめローンを利用して、複数のローンを組み替えようとしている人では、明らかに審査内容は変わってきます。

申込者が過去にどのようなキャッシング利用をしているか、審査では厳密にチェックされます。

信用情報機関に確認して過去のキャッシングの利用に問題を起こしたことはないか、返済を滞らせる客ではないかを調べます。

もし、申し込み時に申請した内容に虚偽があったとしたら、この段階で審査は通りません。

信用のない客と見なされ、融資は認められません。

内容を確認できたなら、次はコンピューターを使ってスコアリング審査というチェックがあります。

個人情報に基づいてその人の信用を点数化し、合計数字を算出するという方法が取られています。

そして、在籍確認を経て審査の全過程が終了です。

申請内容にある電話番号を実際に使うことで、申し込み者が本当にそこにいるのかをチェックするというものです。

そして申し込み内容に書かれている勤務先に電話をしかけ、申し込み者が実際に住み、勤務していること確認します。

おまとめローンを申し入れる前に、審査の内容や手順を理解し、審査結果がよいものになるよう手配しましょう。
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!