キャッシングローンミニ知識 > キャッシングのミニ知識



キャッシング返済時の利息の過払いについて


キャッシング返済時には、利息の過払いにならないように注意しましょう。

キャッシング会社に利息の過払いを自分でも気がつかないうちにしているかも知れません。

利息の過払いとは一体どのような事なのでしょうか。

利息制限法で定められている年率15〜20%の利息利率を超えている場合には、利息の過払い金返還の請求ができます。

もし利息制限法を超える利息を払ってしまっている事に気づいたとします。

この場合過払いした金額について、その金融業者に請求する事が出来るのです。

さらに長期取引による利息の過払いというパターンもあります。

利息制限法に従って再計算を行い、過払いしているということが認められれば、取引期間が、約5〜8年以上と長期に渡り利息の支払いもその分多くなっていたとしても、元金を完済したうえで不当利益返還請求が可能だということです。

キャッシングの返済が長期になっている場合には、再計算することをおすすめします。

みなし弁済についてもキャッシングの返済をしている人にとって確認しておくべき事です。

賃金業規正法43条で利息制限法の規定を超過した場合に、債務者の任意によって有効な利息として成立する事をみなし弁済といい、過払金の返還請求に対する手段として使われるものです。

ただ、みなし弁済は過払金の返還請求で利用されるときに、厳しい規定をクリアしなければならないのでよほどのことが無い限り適用されないものです。

多重債務等の債務整理において、過払金の返還請求は大切な部分だといえるかもしれません。

キャッシングの返済方法について


3つほどの種類のキャッシングの返済方法があるといいます。

ひとつめは元金均等方式というキャッシングの返済方法で、キャッシングによる借入額を返済回数で割った金額に毎月の利息を足して、その合計を毎月返済するというのがこの方法です。

この元金均等方式の特徴は、毎月の利息は残高に対する利息なので、ローン残高が減れば利息も減っていき、毎月の支払額も減っていくということではないでしょうか。

元利均等方式によるキャッシングの返済方法は、元金返済分と利息分を一定額に設定して返済していきます。

返済計画が分かりやすくなるのが、この元利均等方式です。

毎月の支払額が一定になるからです。

ただし毎月の支払額は一定でも、元金返済分と利息分は、ローン残高によって変わっていきますので気をつけましょう。

もうひとつ、リボルディング方式というのが、通称リボ払いと呼ばれる返済の方法です。

これは借入残高にかかわらず、毎月一定の金額を返済する事になるという方法です。

まず最初に毎月の支払額を一定に定めるので、キャッシングの利用金額によって返済回数が決まってくるからです。

リボ方式は数種類の返済方法に分類する事が出来ます。

元金定額のリボ方式は、月々1万円の返済でしたら、1万円プラス金利分が支払い額になります。

この場合、金利分は借入残高によって変動していくものです。

さらに元利定額のリボ方式は、月々の支払額に元金に加えて金利分が含まれているようです。

月々1万円の返済でしたら、ぴったり1万円ずつの返済になります。

さらに残高スライドのリボ方式という方法があります。

これは借入残高が大きくなるに従って、毎月の返済額も大きくなる変動方式と呼ばれるものです。

クレジットカードでのキャッシングの注意点


どのような点を注意して、クレジットカードでのキャッシングをすべきでしょう。

クレジット会社でキャッシングをする時、一番注意したいのは、借り入れ超過についてです。

キャッシングなのか預金の引き落としなのかがわからないほど簡単なのが、クレジットカード操作の利点であり注意点です。

安易な利用の積み重ねがクレジットカードでのキャッシングの落とし穴です。

いくら借りて、いくら返済しないといけないのか。

クレジットカードでの決済はお金を払ったという現実味が乏しく、現金払いの頃の金銭感覚を忘れてしまいがちです。

その場で紙幣の形で支払いを済ませた時と異なり、サイン1つでカード払いをしてしまうと、金を支払ったという気持ちにりにくいようです。

請求書が郵送されてきてはじめて、クレジットカードの利用額の大きさに一人で青くなった方もいるでしょう。

悪徳業者と呼ばれるようなキャッシング会社も存在していますので、適正な金利条件になっているかなどは自分の目と判断力が必要です。

クレジットカードを安心して使えるためには、法外な手数料や強引な取り立てのないところを選び、問題が生じた場合は弁護士や消費者センターに相談しましょう。

貸し付けをしてくれた側に苦情は言いにくいかもしれませんが、それでは相手の目論見通りです。

他人から借りたお金を返すという行為は、考えてみれば当然のことです。

消費者の権利を使う方法もありますが、できれば避けたいものです。

クレジットカードが手軽に使える便利な存在ある事実は変わりはしませんが、キャッシング融資を受ける際は借りすぎに気をつける必要があります。

クレジット会社でキャッシングをする前に


使う前に最低限は下調べをしておくと、キャッシング利用をクレジットカードを使って行うことが楽になるようです。

借り入れ条件は各キャッシング会社によって違いますので、クレジットカードを持つ時に一応目を通しておくといいでしょう。

年会費や入会費が有料のところも少なくありませんし、金利も異なります。

クレジットカード会社を選ぶ時は、フィーリングやイメージ先行にならないよう、商品説明用冊子や電話問い合わせを利用して確認してください。

キャッシングやクレジット関係ではいくつか専用の用語がありますので、覚えておくと便利です。

アドオン式の返済が可能なクレジットカード、と言われても、アドオンがわからなければどうしようもありません。

しかし、意味を十分に理解できないままにクレジットカードを作ってしまっては、後々に思わぬトラブルが発生してしまうことも考えられます。

キャッシング利用をする時は、事前に貸し付け契約をしっかり読み、わからない箇所は恥ずかしがらずに質問したり確認したりしましょう。

アドオン方式というのは、利子をつけた最終返済額を最初に算出し、それを返済回数で均等分割した金額を一度の返済額にするものです。

この方法では元金を返済していくにつれて利息が減っていくということにはならないので、最終的な利息額が高くなってしまいます。

キャッシングを利用する時に、消費者金融よりはクレジットカードのキャッシングの方が安心そうな印象はありますが、融資を受けるという点では同じです。

他人からお金を借りる行為であることには変わりないので、クレジットによるキャッシング利用でも事前に調べるべきことは調べましょう。

キャッシング融資の注意点


便利なキャッシング融資ですが、利用には注意したい点もあります。

キャッシング融資はとても手軽で便利なものです。

キャッシング融資の利用者数はかなりの数になります。

その簡単さゆえに、キャッシング融資を使っているうちに少しずつお金への価値観が歪んでしまい、お金の管理や計画性に支障が生じてしまうという事態が生じることがあります。

まるで自分が預金していたお金を引き出しているような感覚でキャッシング融資を使ってしまうということもあるので、要注意です。

キャッシング融資によって手元に入ったお金は、自分が汗水して働いて得たお金ではないことをよく理解しましょう。

最初の申し込み手続きさえ済んでしまえば、キャッシング融資からの借り入れは銀行預金の引き下ろしのように手に入りますが、そのお金は他人から借りたお金なのです。

当たり前ですが、借りた金は返すべきです。

キャッシング融資の手軽さから返済のための新たな借金を作ってしまうケースも少なくありません。

金利が低いキャッシング融資だとしても、利息を込みで返済をしなければならないものです。

借りている期間が長くなれば長くなるほど、利息も増えていきます。

毎日の生活を便利でよりよいものにしてくれるはずのキャッシング融資が、いつの間にか借金漬けの生活の引き金にならないようにしてください。

キャッシング融資を使う時は、無理のない返済計画を続けることが重要です。

キャッシング融資の種類


キャッシング融資の基本は、担保を必要とせず、カードを使ってATM(現金自動預け払い機)やCD(現金自動払い機)などから現金を引き出すことが出来る、銀行などの金融機関が利息を得ることを目的とした個人向け小口融資でありますが、利息に大きな違いがあるのが、キャッシング融資の特徴です。

利息のつけ方は、キャッシング融資を行っている会社によってそれぞれ異なります。

借り入れる側としては、なるべく低金利のキャッシング融資を選んで利用したいと思うものです。

低金利キャッシング、無利息キャッシングなど、キャッシング融資の金利にも色々な特色があります。

金融会社によってかなり違いがあるようです。

取り扱っている会社によって、低金利とは年利何%のことをいうのかにも違いが出ます。

消費者金融などの低金利キャッシングは、銀行などの低金利キャッシングより利息が高く設定されていることが多いようです。

無利息のキャッシング融資を受けるには、条件がある場合があり、金融機関によって違いもあるようです。

無利息キャッシングを利用する場合、借り入れ可能日数などは違うようです。

いつまでも無利息で融資をしてくれるというキャッシング商品はありません。

7日間から最長で30日間が期限のようです。

無利息のキャッシング融資は、1度しか行わない金融機関があれば、ひと月に1度、1週間までの期限を設けて無利息のキャッシング融資を行っている金融機関もあります。

無理のない範囲でお金を借りることが、キャッシング融資のポイントです。

キャッシング融資とは


キャッシング融資について。

まず融資とは、銀行などの金融機関が利息を得ることを目的として、個人や会社などに対して資金を融通することを言います。

キャッシング融資では担保や保証人がなくても金銭の融資手続きが可能であり、カードを用いてATMやCDから借り受けるというシステムを取っています。

消費者金融会社や銀行などの金融会社が、個人にお金を貸し付けて利息を回収しているという仕組みです。

キャッシング融資を扱う金融会社は、TVのコマーシャルや雑誌広告など、様々な形で自社の商品をアピールしています。

消費者金融の無人契約機などに至っては街中、あちらこちらで設置されていることがあり、キャッシング融資の需要が高まっていることが伺えられます。

金融会社にも色々なものがあり、キャッシング融資を扱っているといっても銀行系、信販系、消費者金融系など様々です。

いくらまで借りられるか、利息はどの程度か、各社それぞれに異なる基準があるようです。

用途が限定されておらず、利用限度額の範囲ないでの繰り返し使用が可能な点が、キャッシング融資の特長です。

また、少ない利息で返済を終わらせたい場合は、契約時に定められた返済日と返済金額にこだわらず、できるならば多めに返してしまうことでしょう。

もしも担保が作れなくても、キャッシング融資ならば利用可能です。

金銭が必要な時にすぐに用立てることかでき返済もしやすくなっているので、キャッシング融資はとても便利なものです。

即日に融資をしてくれるキャッシングのメリット


即日に融資をしてくれるキャッシングでの最大のメリットは何と言っても、直ぐに融資を受けられるということでしょう。

お金の貸し借りはとてもシビアなもので、親兄弟の間でも難しいものです。

貸す側が友人、知人なら勿論、たとえ親兄弟でも返してもらえてなかった場合のことを考えること、簡単に貸せるものではありません。

怖いのは、大金を貸したのにほとんど返ってこなかったということが起こりえることです。

何より、返してもらえなかったことで、その人との関係を保つことが困難になってしまうことがあります。

相手によっては、結果的に貸してもらえなかったとしても、お金を借りたいという話をしてしまった時点で親しい関係を維持できなくなることもあります。

こういったリスクを考え合わせると、即日融資の可能なキャッシングを使った方がいい点もあるというわけです。

人によっては、金銭を借りるという行為自体に気後れがあるようですが、ネットや電話でその問題はクリアできます。

外にも出ず人とも会わずに、自宅にいながらでも即時キャッシングの融資申し込みは可能なのです。

即日に融資をしてくれるキャッシングはとても便利なものですが、その分、デメリットもあります。

即日キャッシングは、申し込みをしてから短時間での融資が可能ですが、その分、多少は高金利になっているところがほとんどです。

借りたお金は無理なく完済できるようにあらかじめ見通しを立て、即日融資が可能だからと利用しすぎないように気をつけてください。

即日に融資してくれるキャッシングの利用方法


融資が即日で受けられるようなキャッシング商品の利用について。

思いもかけないことから、どうしてもすぐにお金が必要になるようなことがあります。

必要なお金が手元になかったり、自分の蓄えではどうしても不足してしまっていたりする時にとても便利なのが、即日に融資してくれるキャッシングです。

キャッシングによって即日で融資を受けたいと思ったら、始めに申し込みをしなくてはなりませんが、何種類かのやり方が存在しています。

融資を即日で受けられるようなキャッシングについては、多くの場合消費者金融が商品を出しています。

即日キャッシングを受けるための申し込みをするなら、消費者金融が街中に設置している無人契約機を使って契約を行うことができます。

申し込みをより早くすませたいニーズに応えるため、即日融資をうたうキャッシング商品については、電話やホームページでの申し込みも可能になっています。

申し込みを行い、審査にパスするとお金を借りることができるようになります。

即日融資のキャッシングの受け方は2通りで、カードを使って提携ATMやCDからお金を引き出す方法と自分の口座に振り込んでもらう方法があります。

口座に入金を受けるわけですので、当たり前のことですが金融機関に自分の口座を持っていなければならないほか、金融機関の営業時間に間に合うように手続きしなくてはなりません。

即日に融資をしてくれるキャッシングを提供している消費者金融会社は数社あります。

金融会社側が求める条件や、自分が望む条件などを比べて、よく考えて利用してください。

即日融資と即日キャッシング


キャッシング会社のあいだで、即日融資・即日キャッシングをうたうところが多くなってきました。

キャッシングとは、担保を必要とせず、カードを使ってATMやCDからお金を引き出すことのできる個人向け小口融資で、銀行や消費者金融など金融機関の商品です。

テレビや新聞のコマーシャルなどで、キャッシングという言葉を耳にされた方もいらっしゃるかと思います。

利用したことがないとしても、キャッシングという言葉を知らない人はあまりいないのではないでしょうか。

キャッシングは、担保を必要とせず、カードを使ってATMやCDからお金を引き出すことのできる個人向け小口融資のことをいいます。

キャッシングという金融商品を提供しているのは銀行や消費者金融系の会社ですが、その商品ごとにいくつもの種類があります。

キャッシング利用の申し込みをしたその日から、即日で融資を行ってくれるようなキャッシング商品も存在します。

キャッシングを扱う金融機関によって違いますが、ほとんどのキャッシング会社で即日融資、あるいは即日キャッシングという商品名で扱っています。

思いもかけないようなことがあって、どうしてもすぐにお金が必要になったような場合、即日キャッシングがあると大変助かります。

現在、即日融資はその日のうちに融資を受けられるという形を取っていますが、この融資を受けるまでの時間は更に短縮される方向に行っているようです。

金融機関の中には、30分以内の融資を約束するものもあります。

遠くない将来、即日融資ではなくその場で融資を受けられるようになっていくのかもしれません。

レディースキャッシングでの注意点


金融会社からお金を借りる時は、ただ思いつくままに借り入れを続けていてはいけません。

レディスキャッシングを使うなら、事前にある程度の知識を仕入れましょう。

レディスキャッシングは今では様々な金融会社が取り扱っている金融商品ですが、金利や限度額は会社によってかなり違います。

一般のキャッシングに比べてレディースキャッシングの金利が低く設定されているとこともあれば、高く設定されているところもあります。

キャッシングへの知識を深めれば、女性専用という単語だけで安心することはできないことがわかるはずです。

レディースキャッシングは他のキャッシングに比べ審査が通り易くなっている傾向にあるようです。

確実に融資を受けたいならば、人によっては審査基準が緩いところを探す必要があります。

キャッシングでの借り入れを繰り返していると、限度額いっぱいを自分自身のお金のように錯覚して使ってしまいがちですので気をつけてください。

手軽に借り入れができたお金といっても、これは返さなければならないお金であり、キャッシング会社から借りた借金であることを自覚しましょう。

返済計画をきちんと立てていないと大変なことになってしまいます。

収入のない主婦や学生にとって好都合である、夫や家族へ知られないよう配慮してくれるのがレディースキャッシングです。

とはいえ、家族に連絡が入ってしまうこともあります。

それは、返済日に無断で返済をしなかった場合です。

無理のない返済計画でお金を返せてこそ、誰にも知られずにレディスキャッシングを活用することができるのです。

レディースキャッシングの利用方法


レディースキャッシングでは、消費者金融会社側も、ほとんどのところで女性スタッフが対応しているようです。

お金を借りることに対して警戒心を抱いているような女性にとっては、窓口対応が女性か男性かという点は、心理的な面ではかなりの差が出てくるようです。

いくつか、それが証明できる点があります。

消費者金融によっては、レディースキャッシングではない誰でも利用できるキャッシングの場合でも、女性専用回線を設けるところもあります。

受付応対は女性職員のみで固めているという会社もあります。

他のフリーローンと同様に、レディスキャッシングは使い道が自由なキャッシングです。

使い方は人によって色々で、学費や食費、娯楽費用、付き合いにかかる費用など様々です。

アルバイトやパートなど、正社員でない女性でもレディスキャッシングで融資を希望することが最近はできます。

20歳以上で月々の収入が安定していてれば、誰でもキャッシングサービスは利用することができます。

とはいえ、働いていない主婦でも、旦那さんの収入が一定していればレディスキャッシングは使えますし、学生も家族の収入で融資が可能です。

家族や配偶者に黙ってお金を借りたいという場合、申し込み時にそう言えば対応してもらえる会社も多いようです。

レディスキャッシングでは、このような様々な求めに対応してもらえます。

レディースキャッシングとは


最近、キャッシングサービスには女性を対象としたレディスキャッシングという商品が出回っています。

金融会社が扱っている、個人に対して融資する金融商品がキャッシングです。

金融会社から発行されたカードを用いて、ATMなどから借り入れや返済を行います。

キャッシング会社から融資を受けたことがないという人でも、TVのCMや広告、雑誌などで盛んに宣伝している様子は見知っているのではないでしようか。

利用限度額の範囲内でなら、用途自由で何度でも借りることができます。

期日を守った返済は勿論ですが、それ以上の返済も可能です。

わかりやすく使いやすいような借り方や返し方を各金融会社は工夫しています。

数ある金融商品の中でも顧客対象を女性のみに絞ったキャッシングがレディスキャッシングです。

女性にとっては、キャッシング会社の利用は印象のよくないものでしたし、安心して利用できるものではないという先入観を抱いていた人も少なくなったようです。

キャッシングローンを女性でも軽い気持ちで利用できるようにと作られた金融商品が、女性専用のキャッシングです。

レディスキャッシングを扱うキャッシング会社はますます増えており、サービス内容も会社によって色々なものがあるようになりました。

レディスキャッシングからお金を借りる女性はさほど奇異な存在ではなくなり、今では女性がごく普通にキャッシングを利用して融資を受けているという光景もあるようです。

消費者金融はいままで敬遠されていた女性客を獲得することに繋がったと考えられます。

キャッシングローンの特徴と返済


キャッシングの利用先には、消費者金融系、銀行系、クレジットカード系などの違いがあります。

どのカテゴリーに当てはまる会社かで、金利や限度額の傾向が大体わかります。

銀行系キャッシングは金利が低く限度額が高めにですし、スピード融資を求めるならば消費者金融系が、借入額が高額で返済手段が豊富なところはクレジットカード系キャッシングです。

融資を受ける際には返済日と返済回数を決めることになりますが、支払う利息を少なく抑えたい場合は返済日より早めに返すことで、日割りでつく利息を抑えることができます。

借りたお金を返す時は、リボルディング返済とキャッシング返済などの各種返済方法があります。

金融会社は、顧客に対して返済方法を明瞭に説明するよう義務づけられていますので、毎月何日にいくら返済かは簡単に確認できます。

あと何度の返済なのか、利息はどれほど加算されているかも含め、返済計画をきちんと立ててください。

返済手段はキャッシング会社によって色々あり、銀行の引き落としやコンビニでの払い込み、ATMの利用など選択肢は豊富です。

金融会社によって色々な返済手段が用意されていますが、返済の仕方はどんどん手軽になっており、最近は申し込みから即日融資が可能だったりととにかく早いのが特徴です。

大変便利なサービスですが、キャッシングローンは借金なのです。

急な出費などでお金が必要な時は誰にでもあることです。

キャッシングで融資を受けるしか方法がないという時は、キャッシングローンについて事前に調べてから無理のない範囲で借りましょう。

無理のないキャッシング利用をするためには、ローンの仕組みや内容をよく理解しておくことが重要です。

キャッシングローンの流れ


借り入れまでのキャッシングローンの手続きはさほど難しくはありません。

融資の申し込み手続きをした後で金融会社が行う審査を受けて、審査に通れば借り入れができるという流れが普通で、後は会社ごとに小さな差異がある程度です。

申し込み方法は、以前は店頭申し込みや電話が一般的でしたが、最近はFAXやネットでも可能です。

最初の申し込み時点では聴取やフォーム送信で最低限度の確認はできますが、後日、申告情報を補う必要があるようです。

電話やFAXだけの申し込みでは、情報伝達に限度があるからです。

現在では大抵のキャッシングローンの会社で独自のシステム、情報を利用して、スコアリングで融資限度額を出しているようです。

申し込み時には住所や電話番号、勤務先や勤続年数が確認されますが、審査ではこれらに加えて信用情報も加味されて結果が出ます。

申込時の申告だけでは契約後の事が読めないからです。

だからスコアリングで出た結果を与信者が確認、承諾をするのです。

キャッシングローン会社としては、お金を貸さなければ利息をもつきませんので、まずは顧客にお金を貸さなければ話になりません。

きちんと返済してくれる顧客を見極めて貸し出しができなければ商売になりませんので、審査はどうしても慎重になります。

審査に際し、金融会社側は細々としたものまで確認し、内容に虚偽がないかもチェックします。

客の返済能力を見極める必要があるためです。

融資を受けられるようになる前に数回の連絡の行き来があって、カード発行はそれからになるでしょう。

カード融資返済と上手な使い方


カード融資の返済はどの様に行うのでしょうか。

借入金の返済は、現金預け払い機に振り込んだり、指定の口座からの自動引き落としなどといった方法が用意されています。

最寄りのATMまで出向いていって支払う方法は対応ATMならば手数料がかかりませんが、そうでなければ手数料を払わなければなりません。

この頃はコンビニエンスストアに設置されたATMも対応していますので、チェックをしてみてください。

融資は1回きりでも返済は複数回に渡るケースが一般的でしょうから、返済時の利便性や手数料についてしっかりチェックしましょう。

限度額にかかわらず必要最低限だけを利用し、できるだけ早く返済をすることがキャッシングの基本です。

例えば給料日迄の一時的なつなぎとして利用する等、後に収入がある事が確実であり、その収入でしっかりと返済出来る様な利用方法です。

利息は年率で表示されますが、実際には日割りで計算されます。

つまり1日長く借り入れるとその分利息が増えるのです。

10万円を実質年率25.5%で借り入れると、毎日70円ずつの利息がつきます。

銀行の時間外手数料は105円や210円かかりますよね。

とはいえキャッシングから借りた場合の利率は決して低くはありません。

25.5%で10万円を30日借りただけで2100円も利息が増えますから、できるだけ利息が増えないうちに返済してしまいましょう。

やはり計画的に利用して借り過ぎに充分注意する、というのが大変重要です。

もし、あなたがカード融資を利用するのであれば、ぜひ上手にご利用下さいね。

カードキャッシングの融資手順


カード融資の手順についてご紹介しましょう。

最初に、申込手続きを行います。

ネット環境があればパソコンや携帯からの申込みができますし、無人契約機や電話でも受け付けています。

どの方法で申し込む時でも、回答項目はほぼ同じです。

ネット申込みでは入力フォームに入力しますし、店舗では必要書類に書き込んで提出します。

必要事項を提出すると、その内容に基づいて審査があります。

記載内容に間違いはないか、過去のキャッシング利用履歴に問題がないか、返済能力はどのくらいか、などをチェックします。

審査にかかる期間は会社によって差がありますが、数分から数日後に電話やメールで結果の連絡をもらえます。

最終的な契約は、無人契約機か店舗窓口、書類の郵送などで行われ、書面が交わされることになります。

免許証の写しや保険証の写しなどの証明書類も一緒に出すことになります。

契約は書類を介しての手続きのみとなります。

審査までは電話口やインターネットを介してのやり取りが可能ですが、どの会社でも契約では書面を使わなければなりません。

窓口や無人契約機では契約が整ったその場でカードが発行され、郵送で契約書を送った場合は後日カードが発行されることになります。

ただし緊急時は契約行為やカードの郵送と同時進行で融資可能な金融機関も多いです。

カードが送られてきたら、キャッシングが可能です。

カード融資手段として一般的なのは、店舗窓口・無人契約機・提携金融機関のATMから引き出す方法、指定の銀行口座に振り込んでもらう方法等があります。

銀行系キャッシングの注意点


キャッシング会社からお金を借りる際には、守っておくべき心構えがあります。

銀行系キャッシングの場合でも同様です。

金利3層の中のどこからキャッシングしているかご存知でしょうか。

全く分からないという方は、多重債務に陥る可能性が高いので、注意して下さい。

金利2つ目の層の銀行系消費者キャッシングは、銀行系の商品であると宣伝しています。

とはいえ、銀行と名のつくキャッシング会社でも消費者金融と結びついていることも多いですし、銀行内にATMを置くこと自体も一般的になりつつあります。

金利3層でいうなら真ん中に位置します。

この様にキャッシングといっても銀行か借りるのだから問題なし、と自分に都合よく解釈をしないようにしましょう。

銀行系だから、大手の会社だから、といったようなことで金利や上限は以前ほどはっきりと分かれていないので、確認はしっかりしましょう。

金利3層のうちどこに当てはめるべきかを厳密に検討するより、大まかにこのくらいと見なすくらいがわかりやすいです。

金利の高さや低さをしっかりわかっていることが、完済までに幾ら払うのか、どこまで返済が進んでいるかを知る端緒となるでしょう。

返済計画はともすれば曖昧になりがちで、これ以上借りると返せないという限界が目で見てわかるものでもないため、利息を甘く見て返済困難になる人もいるわけです。

エスカレートすれば、超高金利なヤミ金融も合法業者に見えてしまうかもしれません。

利息の数字もきちんと計算しておくことが、借金を自分のコントロール下に置くための基本です。

借金に振り回されないようにするためにも、いくらの利息がついて返済総額がどう増えるかを知り、返せない額はそもそも借りないという防御力を身につけてください。

銀行系キャッシングの金利


銀行系キャッシングの金利について。

キャッシングの金利3層と呼ばれるものがあります。

大別して3種の金利層があり、金利を理解する上での指針となっています。

キャッシングの金利の1つ目の層は銀行のキャッシング商品で、金利5〜12%前後です。

銀行が母体となった消費者キャッシングは15〜18%ほどの利率で、これが第2層です。

信販会社やクレジット会社、そして消費者金融各社は20%〜29.2%という、大きめの金利をつけています。

キャッシング会社のうちでも銀行が関与している会社は銀行系という名があり、信販系や消費者金融系とは区別されていますが、貸し出しそのものは消費者金融会社でやっています。

銀行が関与しているという手前もあってか、消費者金融の保証でも通常の消費者金融よりは金利は低くなっています。

消費者金融がお金を貸す時は、利息制限法を厳守しながら行う必要があります。

ここ数年で出来てきた新しい層なのですが、利便性の良さ等もあり、銀行系消費者キャッシングの利用者は増えていて、貸付金残高・保証残高共に伸びています。

消費者金融会社は利息制限法の範囲内での金利を乗せて、顧客に金を貸すことが認められています。

元本が100万円以上なら年利15%まで、元本10万円〜100万円は年利18%、元本10万円以下は年利20%と段階的に定められていて、それ以上の年率で貸し出した分の利息は、民法上では無効と判断されるのです。

また、遅延損害金率を2倍以内とすることや、融資において手数料や礼金を請求する時は定められた年利以内にするよう定めています。

銀行系キャッシングとは


キャッシング会社の銀行系とはどのようなものでしょう。

銀行の利用というと、自身の預金口座からのお金を出し入れを連想します。

銀行の金融サービスには、自己の定期預金の9割を限度額にできるキャッシングがあります。

担保は自分の定期預金です。

キャッシュカードの限度額を超える場合、車や住宅購入等の特別な目的以外で借りる場合は、銀行でキャッシングの申込みをします。

銀行系の会社で融資を受ける利点はどのようなものでしょう。

まず、他のキャッシング会社に比較すると銀行系は低金利でl94 、だいたい13%〜18%くらいです。

そして、銀行系は利用限度額が高くて高額融資が期待できます。

このような長所がある一方、短所は何でしょう。

実際に銀行まで行って申込み手続きをしなければならず、提出書類を整えることが多少煩雑で、融資が下りるまで待機期間があることは、把握しておく必要があります。

最近はインターネットで手続きが出来るサービスも登場してきています。

銀行系キャッシングは誰にでも融資をしてくれるわけではなく、審査が消費者金融系や信販系キャッシングより高い基準になっています。

すぐにお金を必要としているという人は銀行系は向きません。

急がないがたくさん借りたいという人に向く金融商品です。

少しずつ特徴がありますが最近では、それぞれのキャッシングのメリットを取り入れて、あまり差が無いキャッシング商品も出て来ています。

キャッシングも金利、融資額、審査時間等、総合的に考えて選べるようになっているのです。
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!