キャッシングローンミニ知識 > キャッシングのミニ知識



簡単すぎるキャッシングの注意点


少しでも返済を楽にするためには、できるだけ低金利のキャッシング商品を探し出す必要があります。
ネット上では消費者金融会社の諸条件や金利を比較するためのサイトもあり、情報を入手しやすい環境にもなりつつあります。
しかし、少しでも低金利で条件のいい金融商品を探している消費者をターゲットに据えたヤミ金融も存在します。
驚きの低金利、といった売り文句で消費者の関心を引こうとする悪徳業者もいます。
最終的には、公告内容とは全くかけ離れた高金利のキャッシングをさせようとまでするわけです。
より借り入れ条件のよい他の金融会社を紹介するといい、その仲介手数料を取ろうとする悪徳金融業者もあります。
低金利や審査の緩さを前面に押し出したキャッシング商品の公告は、パチンコ雑誌や成人向けの雑誌にしばしば載ることがあります。
度を超えた低金利の金融商品は、むしろ警戒してしかるべきです。どんなに低金利が売りのキャッシング商品とはいっても、無担保融資では金利6%はかかるはずです。
地方銀行のキャッシング商品でもないにも関わらずその低金利は、何かしらからくりがあるのかもしれません。
中にはもっともらしい理由を作って低金利の理由を説明するかもしれませんが、うまい言葉に簡単に騙されないようにしましょう。
ヤミ金融かどうかは、金融庁のHPで登録業者の確認をすれば、該当会社が正規の金融会社かどうか簡単に知ることができます。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

キャッシングの借り入れ審査について


キャッシングでお金を借り入れするための審査を受ける時、気になるのはやはりその審査基準です。
簡単にお金を借り入れすることができると宣伝しているキャッシングでも、借り入れ審査は避けて通れません。
何社かの消費者金融を利用し多重債務状態にある人や、キャッシング返済を滞らせた前歴のある人は審査を通りませんが、それ以外の人は限度額に差はあれど審査自体は通るでしょう。
ただし、電話料金や公共料金の延納履歴のある人なども、審査に通りにくいことがあるようです。
返済能力に難ありと見なされて融資を断られることもあります。
審査では勤続年数や収入をチェックされますが、主婦でも配偶者の所得があれば利用可能です。
キャッシングの借り入れ審査の方法はキャッシング会社によってそれぞれです。
そのため、同じ内容の申し込みでも、一社からは断られたものの、別のキャッシング会社に相談に行ったところ問題なく融資を受けられたということもあります。
そのため、一度断らせてもそれで諦めてしまわないことです。同じ内容でも何社か回れば、条件の合うところが見つかることもあります。
申し込み時には、職場などに実際に電話をかけて在籍を確認するところが大半です。
とはいえ、キャッシング会社の中では在籍確認を行っていないところもあります。
契約書の添付書類も会社ごとに異なり、顔写真のついていない保険証でも認められるところがあれば、顔写真つきの免許証かクレジットカードの写しを求められるところもあるようです。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

主婦や学生の簡単キャッシング


この頃は、学生や一般の主婦でも消費者金融からお金を借りることが可能です。
キャッシングを昔はサラ金(サラリーマン金融)といい、かつては正社員が利用するものでした。
最近は女性や学生向けのキャッシング商品も増えています。
専業主婦でキャッシングをしたいならば、配偶者の給与明細や源泉徴収書を収入証明にして簡単にキャッシングを利用できます。
レディスローンという主婦やパートタイマーの女性を対象とした金融商品もあります。
レディスローンキャッシングの金利は、一般のキャッシング金利より高めです。
少しでも低金利のキャッシングを探しましょう。
電話や店頭でキャッシングを申し込む場合、主婦でも利用可能か確認してみましょう。
疑問に思ったことは何でも聞けば対応してくれる人が必要書類や記入項目を丁寧に教えてくれますので、キャッシングの申し込みは簡単なはずです。
定期的な収入があり、返済の意志のありそうな人ならば、キャッシング審査には特に問題はないでしょう。
最近は学生向けのキャッシング商品も出ており、20歳以上の学生を対象とした学生キャッシングもあります。
キャッシング会社によっては学生のうちは金利の返済だけでよく、社会人になってから引き続き返済できるところもあります。
毎月の返済額が簡単にできるよう少なめに設定されている点も学生専用キャッシングの特徴です。
学生証や国民健康保険など、身分証明に必要なものは学生が一般的に所持しているものです。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

簡単に借りられるキャッシング


キャッシングという単語は元来、金銭を借りることを指し示す名称でした。
ですが、近年はキャッシングという言葉はローンや消費者金融からの借り入れを示しています。
初めてキャッシングを使う人にとって、消費者金融などからお金を借りることはとても敷居の高い行為と感じられるかもしれません。ですが、いざ申し込みをしてみると手軽に手続きができると感じるでしょう。
消費者金融からお金を借りることそのものが、後ろ暗い印象がつきまとっていた頃もありました。
しかし有名人や可愛いイメージキャラクターを使ったCMにより、キャッシングは手軽で簡単にはじめられる、より身近な存在になりつつあります。
融資を受けるには審査を通る必要があります。
審査を通らなければ、お金は貸してもらえません。
といっても、初めての融資を受ける人の場合、審査はそれほど厳しくはないようです。
審査では利用履歴も確認されますが、初めてならば延滞などの不利な点はありません。
他社借入件数の多い多重債務者でもありません。
初めての人はその点で有利です。
借りやすさからズルズルとキャッシングを利用することは、あまりいいことではありません。
段々キャッシングに慣れてくると、自分自身のお金と借りたお金の境界線が曖昧になって借りすぎてしまうということもあります。
線引きはしっかり行いましょう。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

キャッシング時は実質年率の表示を確認


お金を借りる時にまず確認すべきことは、実質年率です。
何回に分けてどのくらいの期間をかけて返済するかによって利息額が変わるため、算出方法も知っておいた方がいいでしょう。
キャッシング融資を利用する時には、返済プランをできるだけ明確にしておきましょう。
キャッシング時の実質年率とは、借入金と利子の関係を年間の利率で表示したものです。
実質年率とは借りた人が返済のための払う全ての金額の合計に対して計算するので、利息だけでなく手数料や印紙税も含みます。
実質年率は、返済に際して利息の他に発生した諸費用がある場合、全て利子として算出対象にしなければなりません。
実質年率とは別に印紙代や手数料を請求してくるキャッシング会社は違法行為の可能性があるので、注意が必要となります。
金利を低く見せておき、返済に当たって手数料等の名目で請求額をつり上げるヤミ金融などもありますが、これは違法行為です。
キャッシング利用時には、見せかけの低金利などに乗せられることのないよう注意が必要です。
近年では実質年率の表示は法令で義務化されています。
金利の内訳や返済回数、返済方法にかかわらず、各種金融表品を比較可能な表記が実質年利方式なのです。
消費者金融を利用する際は、金融商品の実質年率の確認が必須です。
実質年率方式の弱点は計算が非常に煩雑なことです。
手計算では時間がかかりすぎ、シミュレーションソフトなどを使わなければ利息が算出できません。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ

キャッシング返済の実質年率とは


キャッシングを利用し返済する際につく割合を表す方法はいくつかありますが、実質年率もその一つです。
借入金100万円、実質年率15%と仮定すると、1年後に利子は15万円です。
1,000,000円×0.15=150,000だからです。
つまり、実質年率10%で借りた100万円を1年後に返済すると返済総額は110万円になります。
借入金100万円、利子10万円という内訳です。
キャッシングの利子は日割り計算なので、多少ややこしくなります。
利息の計算はその時に借りている元金に対して行うので、元金を少しずつ返済する場合は利息も少しずつ減っていきます。
月一度のペースで1年で100万円を返しきる場合、半年後には借りている元金は元の半分です。
利息も当然、半分になるわけです。
返済直後の利息より、返済が半分まで進んだ時の利息の方が少なくなるのは、借り入れ元金の額がより少ないからてです。
1年かけて12回払いで100万円を借りたとします。
実質年率が20%だったなら、支払う利子は少しずつ小さくなり返済総額は約111万円です。
2年かけて返済する時は約122万円になります。
キャッシング返済の実質年率が大体理解できたら、具体的な返済金額の計算はキャッシング会社に確認するかシミュレーションソフトなどを利用するといいでしょう。
日割りで実質年率を算出する場合、『借入金額×実質年率×日数÷365』になります。
借入残高に利子をつけて返済し、残った残高にまた利子をつけて返済を行うことが、キャッシング返済の基本的な仕組みです。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!