親子ローンの注意点


親子で一緒に暮らすための家を建てたいという時や、二世帯住宅を視野に入れているなら、親子ローンはいい方法です。

知識がない状態で親子ローンという言葉を聞くと、どのような仕組みのローンなのか、返済金額や名義は何がどうなるのかと気にするのではないでしょうか。

親からしてみれば年齢的な事もある為、長期間のローン契約は不安になって当然のことです。

子供の方は収入の事や今後の生活、教育費など、多額の借り入れをすることによって、近い将来の生活が厳しくなるのではという心配がでてくるでしょう。

安易に親子ローンを組むのではなく、話し合いをした上で契約をしなければなりません。

ローンの返済が長期にわたるという場合、完済までの生活と返済の状況を考え合わせて納得のいくものにしましょう。

親子ローンを利用するのならば、これからのライフプランやお金の流れを踏まえた上で納得のいくものにしましょう。

親子ローンの特性は親の年齢でなく子供の年齢条件でローンが組める点や、親子の年収を合計した借入額の設定ができることです。

多額の住宅ローンの借り入れができる点は、親子ローンの大きなメリットです。

けれども、親と子双方の年収を想定して限度額ギリギリまでのローンを組んだ場合、親の退職後のローン返済が困難になってしまう事態も考えられます。

金融会社によっては、義理の親子関係での親子ローンは認めないというとこもあります。

親子ローンを使う場合は、あらかじめどのようなローンなのか十分に下調べをした上で、どのような返済プランが現実的かを入念に検討してください。

投稿者 銭ゲバ
   
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | サプリメント情報局 |
| 初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン | サプリメントの基礎知識 |
|
結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36961728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!