親子ローンの種類について


リレーローンとペアローンという2つの返済スタイルが親子ローンにはあります。

両者のローンはどういった点で差があるものでしょう。

リレーローンと呼ばれる親子ローンは、親が組んだローンをのちに子供が引き継いで、親子ローンの返済を行っていく方法です。

親子の収入を合わせた金額でローンを組めるだけでなく、親の年ではなく子の年によってより高額の利用限度額で借り入れができます。

弱点としては、返済の共有点がどこか、返済までの期間や金額がどうなるかが明瞭になりにくい点があります。

親子双方が資金を出すというスタイルが、親子ローンのうちのペアローンとなるものです。

親と子は返済分を分割し、個々に自分の返済分のローンの返済をします。

ペアローンの強みは、税金を考えた時に区分登記によって得できること、利用限度額を高くできることなどです。

けれども、ペアローンでは家屋の構造などに条件が付与されますので、希望にそぐわないという場合もあります。

どちらのタイプがいいか、どういった貸し付け条件で家を建てたいか、親子ローンを利用する時には親と子とよく話し合いをして条件のすりあわせをすることです。

曖昧な点を残したままで住宅ローンを組んだ場合、親子間で深刻な問題が起きかねませんので注意しましょう。

ローンの条件や返済条件を親子間でよく話し合って、きちんと決めてから融資を受けてください。

投稿者 銭ゲバ
   
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | サプリメント情報局 |
| 初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン | サプリメントの基礎知識 |
|
結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36961691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!