キャッシング過払いの返還請求


すでに借金を完済し終わっている人は、キャッシング過払い返還請求が出来る人です。

返済を7年以上し続けている人も、過払いの返還請求ができるかもしれないということです。

7年以内の返済途中の人は、債務金額の減少をすることが出来る可能性があります。

通常弁護士に依頼しするのがキャッシングの過払い返還請求手続きの方法で、電話や電子メールだけでも進める事が可能となります。

指定口座に過払い分の振込が、通常依頼した日から2ヶ月〜半年程度でできるということです。

弁護士事務所によって弁護士への報酬はいろいろあり、一切費用がかからない場合も、回収が出来なかった時はあるといいます。

他に訴訟手数料、印紙、切手等の訴訟実費がかかる場合があります。

弁護士と司法書士の違いもあります。

司法書士の場合、請求金額が140万円を超えると裁判手続きを行う事も交渉も出来なくなります。

元金が140万円以上にキャッシング過払いの計算の結果なる時には、司法書士の場合弁護士に任せるか、手続きをやめるかということになるでしょう。

140万円以下で、司法書士の場合は処理しなければならないので気をつけましょう。

キャッシング会社との取引期間が長ければ長い程、過払い請求可能な場合が多いようです。

あなたのキャッシング履歴を一度確認してみましょう。

キャッシングによる過払い返還請求は法律で守られた権利なので、見直してみることをおすすめします。

投稿者 銭ゲバ
   
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | サプリメント情報局 |
| 初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン | サプリメントの基礎知識 |
|
結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35484578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!