キャッシングの過払いについて


よく耳にするキャッシングの過払いとはどのようなものなのでしょうか。

簡単に言うと、キャッシング過払いとはキャッシングで払い過ぎた利息の事を指します。

何故、利息の過払いが発生するかというと、貸金業法と利息制限法でキャッシングの上限利息が違うからです。

その一例として、利息制限法では同じ金額をキャッシングで借り入れしたとしても、年18%の利息ということです。

同じキャッシングをしても、貸金業法では年29.2%の利息のとなり、毎月の返済額に違いがありますのでこのような、法律による利息の支払いの差額が過払いということになるのです。

上限利息を、利息制限法では10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%と定めがれています。

貸金業者は29.2%以内なら利息制限法の上限利息を超える利息であるグレーゾーン金利を取って良い事に、貸金業法によればなっているのです。

残債務をキャッシングの支払いが1回でも遅れた場合には、一括請求するといった条項を期限の利益損失条項と呼んでいます。

契約書に期限の利益損失条項が入っていれば裁判所の判断においては、債務者が任意にグレーゾーン金利を支払っているとは言えないとするようです。

ということは、グレーゾーン金利を、金融業者はキャッシングにおいて取れないということなのです。

キャッシングのときに必ず契約書にこの条項を、貸金業者が貸付をする場合には入れています。

業者がグレーゾーン金利を主張する事は事実上不可能になり、キャッシングの過払い請求がしやすくなったのです。

投稿者 銭ゲバ
   
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | サプリメント情報局 |
| 初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン | サプリメントの基礎知識 |
|
結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35259075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!