住宅ローンの変動金利と固定金利


実際に住宅ローンを組む場合には、固定金利にするか変動金利にするかを選択することになります。

一長一短がありますので、どちらが優れているかではありません。

住宅ローンの金利のタイプを、長所や短所を把握した上で、自分で決めることが大切なのです。

住宅ローンを借り入れた時に将来の金利を一定に決めてしまうことを、固定金利といいます。

固定金利の方が得をするのは、先の金利が上昇傾向にある場合でしょう。

今までは、2年間の固定金利制などの最初のうちの短期間の固定金利を利用する人が多かったようです。

最近では35年間の固定金利など、住宅ローンを長期間の固定金利で利用できる金融商品も表れています。

返済するときの将来の見通しを、返済額が安定することで立てやすいというのが長所です。

利息を支払う度に金利が変わるのが変動金利です。

金利は、日本での変動金利の計算基準によって決まり、自由に銀行が数字にを決めているわけではありません。

半年に一度変動金利は見直されますが、返済額は5年間一定になります。

一般的には、市場の影響を受けやすい方法とはいえ、変動金利型の住宅ローンの方が低金利に設定されているといえます。

この住宅ローンは、返済がそれほど長期にならない人や、金利の動向にいつも注意を向けていられる人には良いといえます。

投稿者 銭ゲバ
   
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | サプリメント情報局 |
| 初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン | サプリメントの基礎知識 |
|
結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35259028
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!