アルバイトの人がキャッシングする時


キャッシング融資をアルバイトで受ける時の留意点があります。

アルバイトが申込み手続きをする場合、クレジットカードとキャッシングカードとでは何が違うでしょう。

一番の違いは、アルバイトの人のキャッシングの場合、収入面と勤務先の内容を重視する点です。

金融会社によっては、アルバイトだというだけで融資を断るところもあります。

収入が安定していることを求めているためです。

法律では、融資限度額が50万円より多くなる場合は収入証明書を用意することを義務づけていることもあるようです。

法改正により今後はより厳密に年収に対する貸し出し比率や、他社の残高も含めた貸付総額の規制等もあります。

アルバイトに限ったことではなく、消費者金融業界全般で融資の契約が成り立ちづらくなっています。

利用限度額が50万円以下のものであるなら、クレジットカードに附帯しているキャッシングカード機能でお金を借りることが可能です。

ショッピング利用を前提とした審査となる為、100%貸付となるキャッシング審査よりは許容範囲が広くなります。

審査に関しては、法律が変わって金利が見直されたことでそれまでと差が出ています。

アルバイトへの審査のハードルがアップした背景には、金利の引き下げによって信用力のある顧客にしか融資できなくなったことがあります。

アルバイトのキャッシング審査の基準はカード会社、銀行系カードローン会社、消費者金融会社ともに、ほぼ一律になったといえるでしょう。

投稿者 銭ゲバ
   
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | サプリメント情報局 |
| 初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン | サプリメントの基礎知識 |
|
結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35256006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!