クレジットカード手数料の仕組み


クレジットカード手数料は、どんな仕組みなのでしょうか。

クレジットカード手数料の仕組みがわかると、利用者がクレジットカードの手数料を支払う必要がない事を理解できるはずです。

クレジットカードで、カード会員が加盟店において買い物をしたとしましょう。

引落日迄に、会員が銀行口座に利用代金を入金するという信用のもとで、カード会社は加盟店に立て替えて代金を支払います。

代わりに加盟店は信用の証として、利用代金の3%〜7%の手数料をカード会社に支払うのです。

加盟店にとっては今現金が無いから買い物はやめようという売り逃しを減らせるのがメリットです。

クレジットカード決済だと手数料分だけ儲けは少なくなりますが、プラス面が大きいのです。

結果的には売上が増える事になります。

顧客の方はカードを持っていると、つい財布の紐が緩み高価なものでも購入してしまう傾向があるそうです。

手数料分を差し引いても、加盟店にはメリットが生じるようになっています。

加盟店からの手数料を受取る他にもカード会社は、分割、リボ払い、キャッシングの際の金利手数料、年会費などを、カード会員からは受取ることができるのです。

利用者が購入しやすい環境を整えることで、クレジットカードが利用できる加盟店では、売り上げアップをすることが出来るかもしれないのです。

加盟店、クレジット会社ともにメリットが十分にあります。

あなたがクレジットカードを使うときに、手数料請求された場合には、支払う必要は無いと考えても良いのかもしれません。

投稿者 銭ゲバ
   
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | サプリメント情報局 |
| 初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン | サプリメントの基礎知識 |
|
結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34882537
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!