クレジットカードの手数料


いったいクレジットカードの手数料とはどのようなものなのでしょうか。

クレジットカードの手数料とは、加盟店手数料を指すもので、加盟店側がカード会社に支払うものです。

カード払いだと3%の手数料が上乗せになります等と、よく居酒屋や電器店でのカード使用の際に言われる事があるでしょう。

この手数料は、はたして支払うべきものなのでしょうか。

実は結論から言うと、支払う必要が無いといえるのが、上乗せされた手数料なのです。

手数料は顧客が払うものではありません。

一種の販売促進費なので、店側が顧客に押し付けようとしているだけということになるのです。

堂々と店頭やウェブサイト上で、代金の5%の手数料が、クレジットカードを利用する際には必要になりますと提示している店もけっこうあります。

日本ではカード会社に加盟店規約違反で苦情を出した場合、手数料を返してもらえることも、顧客を大切にするカード会社ならあるようです。

反対にオーストラリアなど、案外多いのが、手数料は顧客が持つものだとされている国々です。

さらに入会手数料や事務手数料などのクレジットカード申込時の費用なども、かからないと考えて良いものだといえます。

もしクレジットカードの手数料が発生するという場合は、キャッシングを利用した時の金利、会費や分割払いの金利程度のものでしょう。

クレジットカードの利用を考え直した方が良いのは、手数料を請求されるような状況に実際になってしまったときでしょう。

投稿者 銭ゲバ
   
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | サプリメント情報局 |
| 初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン | サプリメントの基礎知識 |
|
結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34882500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!