銀行系カードローンのメリット


銀行系カードローンと消費者金融系カードローンを比較した場合、より優れているのはどちらでしょう。

近年、キャッシングの世界は様変わりを続けており、改正貸金業法が2008年に通ってからは、業界自らが低金利融資に傾いています。

金利の引き下げを実施しているのが消費者金融系のカードローンです。

金利を引き下げているとはいえ、銀行系カードローンの方がまだ低金利になっています。

利用者にとっては大きなメリットです。

しかし、消費者金融の業界では、改正貸金業法のために、経営が立ちゆかなくなっているところが増加しています。

最近のキャッシング業界は大手でも生き残りづらいといいますが、なぜそんな状況になっているのでしょう。

これまで比較的ゆるかった利用限度額は100万円以下に定められ、客1人にまとまった額を融資しづらくなってしまいました。

これが銀行系カードローンでは、限度額が引き上げられています。

そのため、金利の低い銀行系カードローンの融資枠を一つ押さえることで、消費者金融系の高金利融資が不必要になってしまいます。

金利が安く借りることができるカードローン会社に顧客は引き寄せられます。

銀行系カードローンは信用力のある客を引き寄せる意図もあって低金利融資を実行しています。

8%台だった最低金利は今や6%を切るものもあるようです。

初めて銀行系カードローンを申込む人はもちろん、既にカードローンの利用者でも借り換えに有利な金利となっています。

銀行系カードローンのカードを一枚持っていれば、手持ちのクレジットカードからキャッシング融資を受けるより便利なこともあるようです。

いざという時に効果的に使いこなせるよう、銀行系カードローンの特色を知っておくといいでしょう。

投稿者 銭ゲバ
   
[PR]
| 保険何でも相談室 | 最速カリスマ英語マスター | サプリメント情報局 |
| 初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン | サプリメントの基礎知識 |
|
結婚式マナー教室 | カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34676458
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!