消費者金融の悪質商法による融資


消費者金融の悪質商法による融資について。

消費者金融を利用した事のある人の中で、悪質商法による被害を受けた経験のある方も少なくないようです。

悪質な消費者金融業者が不当に利益をあげる事件の背景に、クレジットカードや消費者金融での多くの多重債務者が甚大な被害を受けています。

消費者金融の登録番号や名称を詐称した融資を勧誘する偽のダイレクトメールを送りつけ、問い合わせた一般消費者に対して保証金の名目で金銭を騙し取る悪質商法などがあります。

実際の手続きは何もしない悪質なものものなかには、融資の際に調査費という名目で、資料代調査費を請求するのにも関わらず、自己破産や裁判の方法の書類を送ってくるだけという悪質なものがあります。

法外な紹介手数料を請求する紹介屋と呼ばれる消費者金融業者も悪質商法の一種で、一般消費者に他社の融資を紹介して紹介手数料を騙しとる手口です。

嘘をついて、信用情報機関に登録されている情報を変更するおどしてくる消し屋というのもいます。

請求してくるのは手数料やコンピューター操作料などですが、登録情報のコンピューター操作は実際には全く不可能なことなのです。

カードで商品を買わせて、安く引き取る買取屋も最近増えている消費者金融の悪質商法です。

多重債務者に店でクレジットカード50万円分の商品を買わせた後、一時金として10万円だけを渡し、そのまま連絡が取れなくなってしまう悪質なやり方です。

このように消費者金融の悪質商法はいろいろと増えています。

このような詐欺まがいの行為にだまされないようにしましょう。

投稿者 銭ゲバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26768839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!