ブラック情報がある場合の融資


審査に通らなくては、どんな融資でも融資を受けることは不可能です。

融資をする金融機関では、融資を受けようする人が融資申し込みにあたり提出した情報に偽りがないかなどを調べます。

それから融資を受けようとする人のデーターの照会を、融資の申し込みを受けた金融機関が個人信用情報機関を利用して照会します。

そのときに、金融機関は融資の申し込みを断ることがあります。

融資申し込み者にブラック情報があったときです。

それが融資審査にブラック情報があったために通らなかったというものなのです。

融資の審査にブラック情報だけが通らない理由になるわけではもちろんありません。

収入に見合わない額の融資申し込みも、支払い能力が無いとみなさることで審査が通らないこともあるのです。

きちんとした返済能力のある人に対してのみ、金融機関は融資をするのが常識です。

融資の審査は、今までの返済に滞りがあった、または返済できずに終わってしまったことがあるということの証明であるブラック情報がある人には通らないことがあります。

貸したお金を返さない人のブラックリストに、ブラック情報があるということは載っているということだと理解できるのではないでしょうか。

貸したお金を返さないブラック情報のある人にお金を貸すことはできません。

それは、個人でのお金の貸し借りでも金融機関でも同じです。

投稿者 銭ゲバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26655526

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!