融資におけるブラックとは


良く耳にする融資におけるブラックとは、ブラック情報のことをいいます。

いったいこれが何を指すのか、これだけではわかりません。

まず金融機関が資金を融通することを融資呼びます。

今金融機関からは住宅ローン、マイカーローン、教育ローン、カードローンなど、いろいろな種類のローンが商品化されていま。

そして全てのこのようなローンのことを融資と言います。

このような金融商品であるいろいろなローンを申し込んで融資を受けたとします。

すると個人信用情報機関のデーターベースに、融資に関して取り交わされた契約で記された情報が収められることになるのです。

それだけではなく、その契約したローンがどのように支払われているかという情報までも、個人信用情報機関のデーターベースに残されていきます。

ローンに対しての返済に延滞があったり、破産処理をされてしまったりなど、ローンがきちんと返済されないようなことがあるかもしれません。

その情報も個人信用情報機関のデーターベースに記録されます。

ローンがきちんと返済されなかった情報のことをブラック情報と言います。

個人信用情報機関でブラック情報がある人だけを集めたブラックリストがあるわけではありません。

たとえば、ある人が住宅ローンを組もうとしたと時に、マイカーローンをすでに組んでいた場合、個人信用情報機関に次にローンを申し込んだ金融機関が照会を求めることがよくあります。

その際ブラック情報があった場合に、ブラック情報のある人という形で現れてくるわけです。

投稿者 銭ゲバ 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26597160

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!