日本政策金融公庫の無担保融資


日本の政策金融機関である日本政策金融公庫は、銀行や消費者金融との他に、無担保での融資が可能な機関といえます。

日本政策金融公庫とは全額政府出資の政府系金融機関で、銀行などの一般的な金融機関からの融資が困難な小規模企業でも、融資の可能性が高いところです。

教育ローンに関わる金融商品も扱っており、教育資金を必要としている時の利用も可能です。

ただし、融資に使われる資金は国の税金なので、貸し倒れリスクが高いと判断されると融資は認められません。

そのような背景もあり、日本政策金融公庫は審査基準が高目で、融資までかなり待つ必要があります。

日本政策金融公庫で受けられる無担保融資には新創業融資制度があります。

これから事業を始める人や、事業開始後にまだ税務申告を2期終えていない人や会社を対象に、保証人不要で無担保の融資をする制度です。

申請者本人も連帯保証人にならずに済む無保証人制度と、無担保制度が新創業融資制度の注目点です。

新創業融資制度の限度額は1,000万円までで、利用条件を満たした上で、日本政策金融公庫からの審査を受けなければなりません。

新規開業ローンの新規開業資金という担保と保証人が必要な融資もあり、こちらも日本政策金融公庫からのものです。

こちらの融資額は最大7,200万円と、新創業融資制度と比較するまでもない大口融資で、担保や保証人の重要性が推してはかれます。

日本政策金融公庫に確認することで、無担保で保証人を必要としない融資のための条件等をチェックすることができるでしょう。

投稿者 北川 弘美
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26328656

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!