無担保融資とは


金融商品の中には、担保がなくても使える無担保融資があります。

銀行など金融機関でお金を借りるときは、担保の提供を求められることがあります。

ローンを組む時などに、返済義務が履行されなかった時に備えて債務者から債権者に出しておくものです。

お金を返しきれなくなった時、担保を使って弁済を行います。

万が一、お金を返すことができなくなってしまった場合は、借りた側の財産を競売にかけて換価し、貸した側はその中から優先的返してもらえるという約束をしておきます。

担保とは、こういったケースで取り決められた財産です。

高額融資を必要としているキャッシングローンほど審査も厳しく、担保にもそれ相応のものが求めれます。

土地や家屋が多いですが、絵や貴金属なども担保として使うことができます。

無担保融資とは、そういった担保がなくても可能な融資のことになります。

消費者金融の取り扱うキャッシングローンは、たいていの場合無担保融資です。

一般的なキャッシングサービスの利用限度額が低いのは、無担保での融資だからです。

だからキャッシングのような小口融資でなければ無担保で融資をすることは難しいのが現状です。

もし仮に、無担保融資でかつ利用限度額の高額のキャッシングローンが存在した場合、利用については慎重になるべきです。

簡単に考えても無担保でありながら高額な融資ができるのには、金利が高い等のデメリットもあるので、しっかりと比較検討することをおすすめします。

投稿者 益若 つばさ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26152743

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!