事業資金の融資を受ける為に確認しておく事


前もって確認しておくべき事が事業資金の融資を受ける為には存在します。

事業資金を融資してもらうには、自分の会社の借り入れ能力を確認しておく必要があります。

返済可能範囲を理解することが出来なければ、金融機関からの信用は得られません。

提出する事業計画や返済予定表などの書類において重視されるのは、事業資金の融資を実行してもリスクが無いのかどうか、しっかりとした裏付けが取れているか、企業経営に信頼性はあるのかという点なのです。

今後の事業計画のリスク度合いを確認する為に、有利子負債対キャッシュフロー倍率というものを使うようです。

借入金と手形割引残高ならびに社債を足した数字で、キャッシュフロー、つまり税引後利益と減価償却費を足した年間返済可能額を割ります。

中小企業の場合ですと、有利子負債対キャッシュフロー倍率の値が15〜20倍以内が安全圏となるといわれています。

このごろの金融機関は、このキャッシュフロー倍率を重く見るところが多いようです。

事業資金の融資を申し入れる際には、自社の返済能力を確認して、計画性のある借り入れを行うようにします。

事業資金の融資審査の目安として借入依存度が用いられるケースもあるようです。

借入依存度は、総資本に対する借入金の比率ですので、借入金と割引手形を足したものから、総資本、つまり自己資本と他人資本の累計を足した額を割った数字となります。

借り入れ既存度50%が、融資実行の可否を分ける分岐点となっているのが、事業資金の融資審査ですのでこれをあらかじめ確認してくことが重要です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24745068

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!