事業資金の融資の申し込みのタイミング


計画中の事業資金の融資を受ける為には、絶対条件として申し込みを早めにするということがあげられます。

もし事業資金の融資をお金が必要になるぎりぎりの申し込みだと、審査が通らなかった時に事業資金を用意する手が無くなってしまいますので危険です。

可能性として、すぐに事業資金が必要なんだと焦りを見抜かれてしまうことによって、金融機関に優位となるような条件で融資契約を終結されてしまうということがいえます。

具体的な事業資金の融資の申し込みのタイミングは、複数の金融機関に事業資金が必要な時期の数ヶ月ほど前から融資を申し込むというものです。

事業資金の融資を受ける選択肢はたくさんあるほうが良いものです。

融資の申し込みは、余裕を持って行うことを心掛けることがポイントではないでしょうか。

次期の業績に悪化がもしも予想されるようであれば、融資の申し込みの準備をより一層早めにするということが必要です。

少なくとも3ヶ月前には、事業資金の融資を申し込むようにしましょう。

事業資金の融資申し込みを、期末近くまで先延ばしにしてしまうと、今期の決算後に再検討ということになり返事を先送りにされてしまう恐れもあるのです。

このように決算書が出来るまで、申し込みの審査結果がわからないと身動きが取れなくなります。

すると経営すら危うくなってしまうこともあり得るのです。

金融機関側からの格付け更新に要する期間も踏まえて、出来るならば決算をむかえる前に、余裕を持って事業資金の融資申し込みを済ませてしまうのが賢明です。

きちんと事業資金の融資を受けるには、申し込みのタイミングが非常に大切なのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24711177

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!