破産者と住宅融資


住宅融資を受けたいた破産者は、どうなるのでしょう。

長年の夢として家を買うことを目標にしている人はかなりいるようですが、即金だけで住宅を買えるまでひたすらお金を貯め続けるという人はあまりいません。

貯蓄で全額の支払いができない時は、銀行などから住宅融資を受けて支払いにあてるという手続きを取ります。

金融機関から融資を受ける場合は、それがどんな融資でも審査があります。

金額の大小、住宅融資かショッピングローンに関わらず、審査でOKが出なければ融資は使えないのです。

破産者は、個人信用情報に破産者であることが記録に残っているため、住宅融資の審査段階で落とされ、住宅融資を受けることは出来ないでしょう。

個人信用情報機関にもよりますが、住宅用融資を受けたい場合は、破産者となってから10年は融資を受けられないと思ってよいでしょう。

1度でも返済できないほどの借金を作ったことがある人に対しては、銀行や金融機関は融資をして貸し倒れが起きる可能性を考えてしまうようです。

返済不能状態に陥ったことがある人に対して新規の融資をするのは危険な行為ですので、破産者へ融資をすることは回避したいと思うのです。

破産者となる前に購入した住宅も、破産者となってしまえば、手放さなくてはなりません。

破産者は、住宅だけでなく、最低限の財産以外のものを返済に回すことになります。

破産者となった時に融資返済中の家を持つ人も対応は同じです。

所有する住宅は競売にかけられた後、債権者に公平に分配されることになるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24538812

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!