破産者とクレジットカードの融資


破産者に融資をしてくれるクレジットカードはあるのでしょうか。

クレジットカードは現金を引き出すことができ、買い物をすることもできる便利なお金を借りる方法です。

クレジットカードがあればインターネットのプロバイダ接続料や携帯電話の支払いなど様々な支払いがカード決済可能なので、現代では多くのひとがカードを所有しています。

特に意識せずともカードを使っていて、ありがたみがわからなくなるほどです。

クレジットカードを使って支払ったものやクレジットカードから出したお金は、会社からの融資で得ているものです。

クレジットカードを使って買った商品は、全額払い終わるまでは形の上では融資元のカード会社のものになっています。

現金にしても品物にしても、クレジットカード会社から融資を受けていることになるのです。

裁判所から破産宣告を受けて財産を債務の支払いにあてた破産者は、借金の整理をした後もしばらくはクレジットカード融資は利用できません。

クレジットカードの新規発行も、破産者に対しては行われません。

破産したことは信用情報会社の記録に残りますので、隠すこともできません。

融資が認められない期間はクレジットカード会社ごとの基準によって変わりますが、おおむね7年ほどは無理だと思ってください。

クレジットカードなどの手軽な融資を受けられる金融サービスは、破産者になってしまったならば当分は使えないものと見なして行動する必要があるといえるでしょう。

あるいは、破産者にもお金を貸してくれるという会社と巡り会うかもしれませんが、そういった会社からの融資は危険が伴うことを覚えておきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24485475

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!