中小企業融資の注意点


銀行は、一旦は融資を認めた会社に対しても、もしもその会社の業績が低迷し赤字を出すようになると、貸し倒れリスクがアップしたものとして金利を上げたいと言ってきます。

可能な限り急いで対応策を練り、事業計画の立て直しを再検討することで、悪化した業績を元に戻す姿勢を示す必要が出てきます。

常に財政内容には気を遣い、融資先としての正常性を維持するよう心がけます。

中小企業は早い段階で、自社の規模に見合った金融機関を選ぶ事も必要です。

その時は銀行自体の経営内容もチェックしましょう。

融資を受けていた銀行が経営破綻に陥ってしまった時、その銀行がそれまで行っていた業務は別銀行が継ぎますが、完全に以前と同じとは限りません。

これ以上の融資を続けてもらえなくなる、という危険性も孕んでいるのです。

また中小企業がメガバンクをメイン取引先にすると、いきなり貸し剥がしを受けるリスクが高くなります。

そうならないよう、信用リスクの低い会社を維持して要注意先、破綻懸念先と見なされないように心がけます。

営業資産を一部譲渡したり、資本金を増やしたりなどによって、財務会計の形を変えることで、資産残高より負債残高が多い状況を改善します。

利益体質の回復や維持、債務超過や実質債務超過解消を可能にする説得力のある事業計画書を作成して、銀行に提出するだけでも格下げを阻止する強力なツールとなります。

銀行との交渉は上手に進めないと、中小企業は経営改善の為に不可欠な資金迄融資を渋られ、経営改善のチャンスを逃す恐れもあるので、細心の注意が必要です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22619867

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!