中小企業の融資事情と融資対策


中小の企業への融資対策とその結果は、どのような形になっているのでしょう。

国内経済が復活してきた状況で、銀行サイドは融資できる企業を求めているようです。

その場合、返済能力のある会社に融資を行い、融資業務でできるだけ確実に利益を出したいようです。

政府の方針として、銀行からの中小企業への融資をサポートするために、業務改善命令を融資を行わない銀行に出す可能性があるとしています。

現状では、銀行が融資をしたがるようなリスクの低い企業であると認められると、そこには融資申し入れが集まるという事態になっています。

その反面、経営に問題要素があると見なされる中小企業への融資先は見つからず、メインバンクにも離れていくという状況です。

しかし景気回復に伴う企業収益の改善に伴い、中小企業の動きも前向きに変わろうとしています。

雇用数も2002年度末頃からは回復基調にあり、これまで厳しい状況が続いていた就職市場も徐々によくなってきています。

融資を求めるような中小企業には、足りなくなった資金を補うための融資ではなく、雇用や設備拡大を目的としたポジティブな投資もあります。

銀行から融資を受けるためには、決算書の内容がしっかりしていることが大事だと言われています。

基本的に債務超過では無い状態で黒字を計上し続け、正常先と判断してもらえる様にしておく事が、銀行との融資交渉を有利に進めるのに重要となります。

そのため、中小企業がより有利な条件で銀行からの融資を受けるためには、しかるべき手段での会計処理が利益を出し続けているように調整することです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22528304

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!