中小企業と融資


中小の融資が思うように受けられないのは、どうしてでしょう。

100億円もの融資額がダウンしたという頃もあり、中小企業への融資は減るばかりです。

いくつかの理由が中小企業への融資を難しくしているのですが、集約すると2つです。

1つは、中小企業融資の費用対効果の低さが挙げられます。

融資にかかるコストというのは、実は100万円だろうが10億円であろうが、さほど変わりはありません。

融資金額に関係なく経費が一定ということはありませんが、融資が高額になるにつれて審査にお金がかかっても、融資額には比例するほどではありません。

ですから、銀行が融資業務によって効率的に益を出したいと考えるなら、色々な会社に少額融資をするより一社に高額融資をする方を好むはずです。

そういった意味では、地方の小規模な銀行ほど、少額の融資にはあまり手を出したくないものです。

ですが、より明確な理由もあります。

それは、経営規模の脆弱な企業にお金を貸すことは、貸し倒れのリスクがあるということです。

大きな会社と比べて、小さな会社の経営地盤は安定してはいませんので、資金繰りの面でもさほど先のことは見えていないという会社もあるくらいです。

中小企業の多くが赤字であったり、債務超過であったりする事も珍しくありません。

出資する銀行側からすれば、貸し倒れの危険性の高いところには貸付をしたくありません。

そのため、経営規模の小さい会社に融資を行う際には、銀行は担保や連帯保証人を求めたり、金利を高く設定したりします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22440145

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!