自己破産とクレジットカードの融資


クレジットカードは、自己破産でどうなるのでしょうか。

多重債務にあって自己破産をする人は、複数の金融会社の融資を受け、一社ずつの融資金額は少なくとも総額が高額になっています。

ショッピングや高額商品のローン、月々の支払いができるクレジットカードを持っている人は多いでしょう。

しかし、クレジットカードを利用して引き出したお金は、クレジットカードを発行している会社から借りているお金であり、購入した品物は、その支払いが終わるまではクレジットカードを発行している会社の物なのです。

現金にしても品物にしても、クレジットカード会社から融資を受けていることになるのです。

ですが、クレジットカードの利用は、自己破産と共に不可能となります。

もしクレジットカード会社が回収命令を出した場合、カードで支払い中の物は取り上げられることがあるでしょう。

所有していた財産のほとんどを支払いあて、それでも自己破産時は返済不能分があるでしょうが、それは取り消されます。

しかし、自己破産したことは個人信用情報機関により記録に残るため、新たにクレジットカードを作るなど、融資を受けることは出来なくなります。

記録が残っている期間や期限は微妙に異なりますが、少なくとも7年間は融資のたぐいは使えないと思ってください。

何より、自己破産をしたことがあるのなら、クレジットカードなどの融資を受けるようなことは避けるべきではないでしょうか。

自己破産後にキャッシングが可能な会社があったとしても、そこは本当に信用のできる会社なのか、警戒してしかるべきです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21866278

この記事へのトラックバック

自己破産と資産運用
Excerpt: 自己破産と資産運用を紹介します
Weblog: 自己破産と資産運用
Tracked: 2010-03-25 22:42
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!