自己破産と住宅融資


住宅ローンは、自己破産は無関係ではありません。

マイホームの夢を持つ人は多く、ほとんどの人が、人生の大きな買い物として家を購入するようです。

夢のマイホームを手に入れるためにコツコツと貯金をしている人は多いと思いますが、住宅の購入代金を蓄えだけでまかなえた人は、そうはいないでしょう。

手持ちの資金だけで家が買えない時は、住宅ローンなどの融資を受け、その後少しずつローンを返済します。

金融機関から融資を受ける場合、融資額が多い住宅購入用融資から、融資額の少ないカードローンと呼ばれるような融資まで、全ての融資において審査が行われます。

これまで自己破産申請が認められたという前歴を持っている人は、審査でそのことが知られてしまいますので、ほぼ間違いなく審査で落とされるでしょう。

個人信用情報機関にもよりますが、住宅用融資を受けたい場合は、自己破産をしてから10年は融資を受けられないと思ってよいでしょう。

貸したお金を返さない人にお金を貸すことは、誰でも出来ることではないでしょう。

金融機関なども同じです。

確実に返済してくれるような客を求める金融会社にとって、過去に返済不能に陥ったことがあるという人は鬼門です。

もしも自己破産時に家を所有していた場合、返済にあてるため処分しなければなりません。

購入した家の返済がある程度進んでいても、途中で自己破産すれば処理されます。

公売処分された家は、財産整理の課程で貸した側に公平に分配されるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21829303

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!