学生キャッシングの注意点


キャッシング融資を希望する学生が、消費者金融で思うように融資を受けられるとは限りません。

そこにつけ込み、学校近辺のキャッシング広告には、ヤミ金融のような非合法の会社が入り込む恐れがあります。

とんでもない利息を設定されて大変な事になるかも知れません。

本来、未成年者への貸金行為は親権者の了承を得ることがなければ禁じられているのですが、承諾さえ得ることができればキャッシングは合法化されるわけです。

元々、親権者には子供の借金を肩代わりしなければならない道理はありません。

しかし、返済に行き詰まった子供が親に助けを求めるであろうことは容易に想像がつきます。

親としても、子供に縋り付かれたら返済を肩代わりしてしまいがちです。

子供の借りたお金を一部でも親が返済した場合、親が子供の借り入れを認めたこととなり、返済をしなければならなくなります。

子の作った借金を全額負担し返済するつもりならそれでも構わないでしょうが、それ以外ならいくら子供といえど借りたお金の返済には手を貸すべきではありません。

子供の返済に100円でも手を貸せば最後、親も子と共に借金まみれの生活に突入しかねないのです。

今、どうしてもキャッシングが必要なのかはよく検討してください。

手軽に借りることができるといっても、まだ学生のうちから安易にキャッシングを使う習慣をつけては危険この上ありません。

学生キャッシングに手を出したばかりに利子がかさんで返済不能に陥り、家族の人生を根底から覆すことにもなるのです。

キャッシングでお金を借りるときは、前もって返済の目処を立て、希望的観測や無謀な返済計画にならないようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18475267

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!