実質年率のグレーゾーン金利


実質年率にはグレーゾーン金利があります。
実質年率を確認する際にあらかじめ知っておきたいのがグレーゾーン金利です。
出資法で決められている上限金利より低く、利息制限法で決められている金利より高い金利がグレーゾーンで、ほとんどの消費者金融業者はこの金利で融資をします。
今後のためにも、グレーゾーンとは何か概略だけでもおさえておくべきでしょう。
金融に関する法律は2つあり、上限金利15%〜20%の利息制限法と、上限金利29.2%の出資法です。
利息制限法と出資法は、元々は違う目的に使う、適用範囲もかなり違う法律でした。
金融業者が融資の際に定める利息の上限を定めたものが利息制限法で、多すぎる分は無効にできます。
対して、上限金利に違反すると罰金が科せられるものが出資法で、刑事罰が適用されます。
グレーゾーンの存在は法律の不透明な部分として以前から注目されていました。
キャッシングの実質金利を知る上では、このグレーゾーン金利の存在を意識すべきでしょう。
出資法を超える実質金利には罰金が発生しますが、利息制限法では処罰やペナルティの対象になりません。
これに目をつけた金融業者は利息制限法を守らずに出資法の範囲内で実質年率を設定します。
実質年率25%というキャッシング商品があったとしても、出資法は違反していないので罰はありません。
利息制限法は罰則規定はありませんが、超えた分を無効にすることは認められるので、払いすぎとして過払い請求の申し立てが可能です。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17216596

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!