破産宣告の前に特定調停をする


借金の返済対策として特定調停が平成12年に始まりました。
これは「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」という法律に基づいています。
この特定調停に関する法律が適用される条件は、債務者が支払い不能の状態に陥る恐れがあることです。
そして、それが金銭債務であることの二つです。
キャッシングを利用しすぎて支払不能に陥り、破産宣告をしてしまいそうな人がいます。
特定調停は、そのような時に返済条件の見直しなどが可能です。
申立てができるのは、あくまでも借金を抱えて破産宣告をするつもりでいる本人が原則です。
研修を受けた司法書士や弁護士なら、代理人に立てて申し立てを行ってもらうことは認められています。
破産宣告の前に特定調停をする方法は、例えば、利息制限法で年利は18%と決められているのに、それを上回る利息をとられていたとすると、過分に返済した利息は戻してもらうことができます。
この再計算で借金を減額してもらうことができ、過払いが認められれば元金に充当することも可能です。
金利の再計算をすることで利息額を大幅に軽減してもらうことができ、返済が楽になります。
これで返済が可能になるということもあるのです。
破産スレスレだった人でも「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」を用いることで返済が可能になり、多くの人が救済されました。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17129817

この記事へのトラックバック

特定調停 費用
Excerpt: 特定調停は費用がとても安く済ませるのが大きな利点なのですが、現実にいくらかかるものなのでしょうか?特定調停の申告に必要な費用は、1社につき800円くらいです。
Weblog: 特定調停のしくみ
Tracked: 2009-11-21 22:31
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!