カードローン地獄の実態


カードでショッピングすると、現金がなくてもそれと同じように使っているような錯覚に陥りがちですが、実はそれは借金で、最終的にはそれをお金で返さなければならないのです。
そして、カードローンで一時的にお金を借りても、それは、「借りたお金」であって、自分のフトコロに入るお金ではありません。
にもかかわらず、カードローンに手を出す人は増えています。
カードローンの返済でどんどん生活が苦しくなり、それでもなかなか返せずにいる人はなかなか減ることがなく、増える一方です。
そして、ついには返せずに、自ら命を絶つ人も少なくない状態で、気軽なカードローンという落とし穴にはまってしまうせいです。
現金を持ち歩くことなくショッピングもできるし、手続きもATMで簡単にできるというシステムがさらに利用する人を増やし、カードはますます増えていくわけでしょう。
また、カードを使えるお店が増えたことも理由の1つではないでしょうか。
昔は、現金でしか買えなかったものが、今ではカードで買えるという時代背景も、十分理由の1つでしょう。
海外旅行が増えて、カードを利用される機会も増えたということも考えられそうです。
お金がなくてもカードがあればなんとかなるという思いになりがちで、便利な分、利用している人はずいぶん多いのもうなずけることではあります。
しかし、現実には、使い過ぎている人が多く、カードローンに手を出してしまう人が増えているのです。
利用金額や返済期日というものを考えもせずに気軽に使ってしまい、どんどんローンを重ねていき、身動きで着ないローン地獄へと落ちてしまう人も多いのが現状です。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16766633

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!