破産しても保護されるものとは?


破産すると、日々の生活や経済行為をこれまで通りに送ることは難しくなります。
ですが、制限と同時に一定範囲内の保障もなされています。
破産した事実は戸籍や住民票に記載されないので、そのような書類から人に知られることはありません。
選挙権や被選挙権は失うことはなく保護されています。
破産宣告の事実は本籍地の市町村役場の破産者名簿には記載されますが、第三者がこの名簿を見ることはできません。
破産宣告に対する免責決定がなされれば、破産者名簿から抹消されます。
官報に公示される破産宣告の公示について、一般の人が官報で目にする危険性はありません。
破算の手続きによって、破産管財人は破産者が支払う全財産を金銭に変えて返済に宛てますが、一定範囲の財産は保有を守られています。
破算宣告を受けた後に得た財産は自由に使えるので、破産後の収入を返済に取られることはありません。
破産手続きを取ることで返済額が一定範囲に留まることは、破産者にとってはとても有利なことといえるでしょう。
一度だけ裁判所に出頭すれば、以後裁判所に行かなくても大丈夫です。
破産したからといって即座に全財産を失い、一切の未来を失うというわけではありません。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16496939

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!