破産宣告で課せられる制限


破産宣告を受けた人は、日々の生活に様々な面で影響が出ます。
個人が破産宣告を受けた場合、まず法律に関わる様々な資格に制限を受けることになります。
例えば、弁護士、公認会計士、遣言執行者、法人の理事、株式会社の取締役、監査役などにはなれなくなります。
破産に関して必要だとされることについて、破産宣告を受けた人は説明義務があります。
そして、破産宣告を受けた人が居住地を変えるには裁判所の許可を得なくてはなりません。
破産した人は郵便物に関しても制限があり、破産人宛の郵便物や電報は破産管財人に配達されます。
郵便物の内容を破産管財人がチェックすることもあります。
破産の事実は、信用情報会社にも登録されることになります。
以後数年の間は借り入れをしたり、クレジットカードを使用したりすることができなくなります。
破産宣告を受けた人は経済的な信用を失うので、法律的に不便な部分の他にも社会的信用が落ちることに伴う不利益も生じることでしょう。
破産宣告を受けたことにより、日常生活や社会的な取引の中でも思うようにいかないこともありえます。
やむをえないこととはいえ、破産宣告を受けことによって様々な面で束縛され、制限を受けることになります。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16474863

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!