破産宣告する前に


破算の要件を満たしてから行われる破産宣告とは何でしょう。
収入を超えたキャッシングローンの利用や、カードでの買い物をしすぎるなどの原因で破産する人が増えています。
支払わなければならない借金が、全財産の全てを上回り返済ができない場合に裁判所に手続きをとるものです。
破産宣告がなされると、破産した人の財産を金銭に変え、貸した人達で公平に分配することになります。
破産手続きには、債権者側か債務者側が裁判所に申し立てなければなりません。
破産宣告を受けるには、裁判所によって破算宣告すべきかの審理を通らなければなりません。
通常裁判所は、破産宣告を行うと同時に破産管財人を選任します。破産した人が金銭に変えて債権者に分配しなければならない財産を管理し、分配する仕事は破産管財人が一手に引き受けます。
債務者が自ら申し立てる破産のことを自己破産と呼んでいます。
債務者の財産が極端に少なくて、これを金銭に換えても破産手続の費用にも足りないような場合もあります。
その時は破産宣告と共に破産手続きが終わることになり、破産管財人はいません。
破産の同時廃止と呼ばれる方法です。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16441480

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!