借入れ利息のアドオン方式と実質年率方式


借入金の利息の算出方法には、実質年率方式の他にアドオン方式というものがあります。
アメリカからきたアドオン方式は一時期広く使われていました。
利息計算がわかりやすく、見かけ上の金利の低さが広まった理由です。
現在アドオン方式を目にする機会が少ないのは、消費者金融の利率表示は実質年率によって行うよう義務化されているためです。
実質年率と異なり、借入金の最初の数字に対してのみ利息計算をするのがアドオン方式です。
100万円をアドオン率20%で融資された場合、1年後の利息は20万円。
100万円の20%で、わかりやすいです。
分割返済の回数で合計額を割ると一度の返済金額が出ます。
月1回の返済なら120万÷12=10万円です。
アドオン方式の特徴としては、利息や返済回数の計算がとても明瞭な点です。
例えば、同じ条件でアドオン方式ではなく実質年率で計算する場合、1年後の返済総額は111万円です。
一見どちらも20%で似た条件に思えますが、アドオン方式の方が結果的に利子が高くなります。
利息の計算を借り入れた最初の金額に対して計算するのか、返済が済んだ分は利息計算から除外するかの差です。
注意しなければならない点として、アドオン方式での利率の表示は実質年率での表示より低く表示されるという点があります。
見かけの年利が低くても実質年率とは大きな違いなので、キャッシング利用時には気をつけましょう。

キャッシングローンミニ知識のTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16390606

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15

借金地獄からの生還!人生大逆転した私の方法!